★スーツは自宅で洗える?洗濯機洗いのコツと汗染み対策は?

【スポンサードリンク】

みなさん、スーツのお手入れはどのようにされてますか?

クリーニングに出している方や除菌スプレーをかけている方などさまざまいらっしゃるでしょう。

スーツを定期的にクリーニングに出すのは手間ですし、除菌スプレーだけでは汗染みなど綺麗にはできません。

そこで、スーツは自宅で洗えるのでしょうか?

洗濯機にスーツ入れてしまうと、型崩れやシワが怖いですよね。

実は、自分で洗濯機で洗えるスーツもあるのです。

では、どのようなスーツが洗えるのか、自分の持っているスーツが洗えるのでしょうか?

また、自宅の洗濯機でスーツを洗う際の注意点やコツはどのようなものがあるでしょうか?

そして、暑い時期になるとスーツが暑くて、汗染みができてしまいがち。

汗染みの対策はどのような対策をすればよいのでしょうか?

そんな気になるスーツは自宅の洗濯機などで洗えるのか、汗染み対策についてクローズアップ!

今回は『スーツは自宅で洗える?洗濯機洗いのコツと汗染み対策は?』についてご紹介します。

スーツを洗う前に確認すること

  • 水洗いできるかどうか洗濯表示を確認する

    洗濯機洗い可のマークや、手洗い可のマークがあれば、自宅でも洗うことが可能です。

    水洗い不可のマークがある場合には、自宅でお洗濯できませんので、クリーニングに出すようにしましょう。

  • 色落ちを確認する

    スーツの中にはお洗濯すると色落ちしてしまうものもありますので、お洗濯をする前に、色落ちするのかどうかテストしておきましょう。

    確認の仕方は、

    1. ティッシュに洗剤の原液をつける
    2. ティッシュをスーツの目立たないところに当てる
    3. 5分間待つ
    4. 色落ちしているか確認する

    です。

    ティッシュにスーツの色が付いていなければ大丈夫です。

    しかし、ティッシュに色が移ってしまったら、スーツを自宅でお洗濯するのは諦めましょう。

  • ほつれたり、穴が開いたりしていないか確認する

    ほつれや穴開きがあると、さらに広がってしまう可能性があるので、注意しましょう。

  • スーツを洗濯機で洗うコツ

    • 1. 汚れやシミがあるところに洗剤をつける

      スーツに汚れやシミがないかどうか探します。

      見つけたら、そこに指などで、洗剤の原液を少し取って、なじませておきます。

      こうすることで、汚れが落ちやすくなります。

    • 2. スーツをたたむ

      スーツは丁寧にたたんでから洗濯機に入れます。

      パンツやスカートは三つ折り、ジャケットは半分に二つ折りにします。

      また、ジャケットのボタンははずしておき、逆に、パンツの金具やボタン、ファスナーは閉めておきましょう。

    • 3. スーツを洗濯ネットに入れる

      スーツを洗濯機で洗うときは、必ず洗濯ネットに入れます。

      たたみ方は、ボタンやファスターを閉めて、2つ折りか3つ折りにします。

      洗濯ネットの大きさに合わせてふわっとたたみます。

      洗濯ネットが大きすぎて、隙間が空いてしまっていると、スーツが中で動いてしまって、シワができやすくなってしまうので、注意が必要です。

    • 4. 洗濯機をやさしく洗えるコースで回す

      「手洗いコース」「ドライコース」など、素材に負担がかからないように、やさしく洗えるコースを選んでください。

      やさしく洗えるコースですと、洗濯機があまり回転しないので、服と服がこすれてしまう可能性が減り、痛みにくく、シワもつきにくくなります。

    • 5. 洗剤を溶かしてからスーツを入れる

      おしゃれ着用の中性洗剤を入れ、洗濯機で洗います。

      洗剤が溶けていないと、洗剤が偏ってしまい、色落ちする場所が偏ってしまう可能性がありますので、洗剤は水に溶かしてから入れる、もしくは、洗濯機に水が入ってから洗剤を入れるようにします。

    • 6. スーツを干す

      洗濯が終わったら、スーツを乾かします。

      洗濯機が止まったらすぐ、ハンガーにかけるようにします。

      なるべくシワにならないように、手で伸ばしたり叩いたりしながら、干していきます。

      できるだけ風通しのよいところで陰干しをするようにしてください。

      【スポンサードリンク】

      ・ジャケット

      ジャケットは太めのハンガーにかけて干し、乾きにくい肩の部分には、乾いたタオルを入れておくと早く乾きます。

      ・ズボン・スカート

      ズボンやスカートは、ピンチハンガーを使って筒状に干し、ポケットなどがある場合には、裏返してから干すようにします。

    • 7. スーツにアイロンをかける

      干したあとは、しっかりアイロンがけをします。

      ・スチームアイロン

      ジャケットハンガーに、パンツはパンツハンガーにかけてスチームを当てやすくしておきます。

      全体にスチームを当てていきますが、シワがついた部分や、特にシワがつきやすい箇所(肘・膝・背中など)は同じ場所にしばらく当てて、念入りにかけましょう。

      逆に折り目をしっかりつけたい部分、パンツのセンターラインには当てすぎないようにしましょう。

      そして、スチームをなじませながら、いろいろな方向にシワを伸ばします。

      スチームをかけた直後は、スーツに湿気や熱が残っていますので、スーツが乾いて普通の状態に戻るまではハンガーにかけたままにしておきましょう。

      ・そのほかのアイロン

      素材によって適切な温度があります。

      素材がわからない場合は洋服のタグでまずは確認しましょう。

      そして、当て布を使わないと、アイロンの熱で生地の風合いが無くなり素材が傷んでしまいますので、当て布を使うようにします。

      1. 袖

      片方ずつアイロン台に乗せて、袖にアイロンをかけていきます。

      生地を傷めないように、当て布を当てながら、優しくかけましょう。

      左手で生地を広げ軽く引っ張りながら、しわを伸ばしてください。

      袖まんじゅうを袖の中に入れてかけるのが理想ですが、丸めたバスタオルを入れても綺麗にかけることができます。

      2. 背中

      アイロン台にジャケットを着せるように置き、上から下へなでるようにかけます。

      3. 前身頃

      脇の部分で生地が切り変わっている場合は、ジャケットをずらして、脇の部分の形に沿ってアイロンがけをします。

      パットが入っている肩の周辺は、アイロン台にスーツを着せるように置くとかけやすくなります。

      4. 下襟

      ラペルは折り目を強くつけすぎると、立体的な形が崩れてしまうので、軽くアイロンをかけるようにします。

      そして、アイロンの熱が残っているうちに、形を整えます。

      5. 襟

      襟は首のラインに沿って丸く縫い付けられていますので、少しずつ手で平らに伸ばしながらアイロンをかけていきます。

      一気にアイロンをかけようとして無理にプレスすると逆にシワが入ってしまうため、気をつけましょう。

      裏にアイロンがかかったら、折り返しすと立体的な襟の完成です。

    スーツの汗染み対策は?

    ・清涼素材のスーツを購入する

    ・吸湿速乾素材の肌着を着る

    ・汗わきパットを取り付ける

    ・背中に薄いタオルを挟む

    これから夏用にスーツを購入するのであれば、ぜひ清涼素材のスーツを選ぶとよいでしょう。

    また、肌着が汗を吸い取るので、スーツに汗が染み込むことはありませんし、肌着を重ねることで暑いと心配になる人もいますが、履いている方が涼しく快適になります。

    かなり汗をかく場合は、脇や背中、腰周りなどにも薄いタオルを挟むと良いでしょう。

    さらに、制汗スプレー、汗ふきシートでこまめに吹くのも忘れないようにします。

    スーツの汗染みの落とし方は?

    できてしまった汗染みはどのように落としたらよいのでしょうか?

    • 用意するもの

      ・タオル2枚
      ・ぬるま湯

    • やり方

      1. タオル1枚をお湯で濡らし、固く絞って染みができている部分を丁寧に拭きます。

      2. 拭いた回りも軽く湿らせる。

      3. 乾いたタオルで水分を取ります。

      4. 風通しの良いところで陰干しします。

    • まとめ

      今回は、スーツは自宅の洗濯機などで洗えるのか、汗染み対策についてご紹介しました。

      スーツは自宅で洗えるものもあります。

      お持ちのスーツを確認してみてくださいね。

      【スポンサードリンク】

      また、汗染みにお悩みの方、ぜひ汗染み対策を試してみてください。

      合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年7月4日

カテゴリー:家事

サブコンテンツ

このページの先頭へ