スイカ割りの棒は新聞紙で作れる?その作り方は?

夏といったら、海・バーベキューなどを楽しまれると思います。
そこで、みんなで盛り上がるためにもスイカ割りなんていかがですか!

大人から子供まで楽しめるスイカ割り。
目隠しをし、スイカ割りを楽しみましょう!棒を振りかざし、スイカ割りを楽しんだ後は美味しくみんなで食べる楽しさもあり!

そういえば、スイカ割りをする時の棒は何を利用したらいいのでしょう!?

棒の作り方などあるのでしょうか?

身近で代用出来る棒になるものは・・・
新聞紙

新聞紙を棒として利用出来すればいいんです。

作り方さえ分かれば新聞紙で、できるんですよ。

作り方を教える前に、ちょっと気になったのですが、スイカ割りにルールなんてあるのでしょうか?

ゲームのルールって作り方あるのでしょうか?
ゲームルールの作り方は分かりませんが、新聞紙での棒の作り方は、お教えしますね。

題して『スイカ割りの棒は新聞紙で作れる?その作り方は?』として大公開いたします。

【スポンサードリンク】

スイカ割りにルールなんてあるの?

海辺などで盛り上がるのが、スイカ割り。
これは大人も子供も盛り上がれるイベント事ですよね。

解放された広い海で、または野外でみんなで楽しめます。

さて、このスイカ割りにちゃんと
スイカ割り公式ルール」があるのを知っていましたか!?

日本すいか割り推進協会認定版

実は、スイカの産地である山形県村山市のJAみちのく村山が設立されたそうです。
同協会がスポーツとして広めようと作られたそうです。

正式なルール

  • 競技場
    砂浜や芝生の広場が最適である。
    どこでも楽しめるスポーツではあります。
    スイカと割る人の距離は5m以上7m以内
  • 用具
    棒は、直径cm以内
    長さ1m20cm以内の棒を利用。
    目隠し用は、手拭いまたはタオルを準備する。
    スイカは、「日本国産スイカ」を利用のもの。
  • 競技者
    スイカを割る人1名・サポーター複数で1組としキャプテンを決める。
    サポーターに人数制限はないが、的確なアドバイスは出す必要があるので割る人は自分のサポーターの声を認識しておくことがポイント。
    審判員となる人は、スイカが大好きであることが条件である。
    公正な道徳心を持つ健康的な人で次の質問中3つ以上答えられないといけません。

    • ①スイカの一番甘い部分はどこ。
    • ②スイカの水分はどのくらい。
    • ③おいしいスイカの見分け方。
    • ④スイカの種はどのくらいある。
    • ⑤スイカの原産地は。
  • ★競技開始
    審判員は距離と用具の確認を行う。
    割る人の目隠しを確認する。その際、相手チームのキャプテンを同席して了解をえる。
    フォーメーションローリング(スタートする時の回転)をする。回転方向は右回り。
    回転数は5回と2/3回転とする。
  • ★競技の進行
    割る人の持ち時間は1分30秒とする。
    審判は競技終了30秒前と10秒前に報告しないといけない。サポーターからのアドバイスにおいての禁止行為

    • ・競技と関係のないアドバイスをする
    • ・競技者を中傷するような言語をする
    • ・スイカの真後ろに立って
    • 「私の声のするほうへ」と指示をする

    1人の競技者が終了したら、勝負の判定を行う。
    勝負の判定が済んだら、次の相手チームとスムーズに交代する。

  • 勝負の判定
    スイカにあたらなかったら、時間内であれば3回まで棒を振ることができる。
    点数表を参考に審判員が点数をつける。

    • ・空振り 0点
    • ・スイカに当たった 1点
    • ・スイカにひび割れが出来た 2~4点(ひび割れぐあい)
    • ・スイカの赤い果肉が見える 5~10点
  • 後始末
    勝ったチームは、スイカを食べる権利がある。負けたチームは、残ったら食べる事ができる。
    最後に綺麗にゴミは持ち帰ること。

ほとんどの方が「スイカ割り公式ルール」があるなんて知らなかったのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

新聞紙でスイカ割り棒の作り方

先ほどの公式ルールで実際、スイカ割り専用棒セットというものがあるそうです。

ですが、みんなで楽しむために手軽に準備出来るものが代用できるといいですよね。

そこで、新聞紙でスイカ割りの棒を作ってみましょう。

【スイカ割りの棒が新聞紙が良い点】

浜辺でスイカ割りを楽しむ際に、打ち上げられている流木や川辺に落ちている機などを使いがちではないですか?
しかし、この流木に虫が入っていたり腐っていたりする可能性もあるので安全ではないのですよね。

大きな木の場合は、子供には重すぎたりもします。
せっかくなら、子供も手軽に楽しめてそれでいて破壊力のある棒が作れたらいいですよね。

それに、新聞紙だと持ち運びが楽でよいです。
その場で作るコトも出来るし楽ちんです。

それに、みんなで作れば盛りあっがて楽しめますね。

さて、作り方です。

材料としては

  • ・新聞紙(1本につき2束あればよいでしょう)
  • ・ビニールテープ

まず新聞紙を折ります。
辺が長い同士をあわせて半分にあります。
最後にビニールテープでぐるぐる巻き付けたらまずは「芯」ができました。

さらに、新聞紙を芯に巻き付けます。
太さが5cmくらいまで巻き付けます。

5cm程の大きさになったら、ビニールテープでぐるぐる巻きに仕上げます。
ここでしっかり貼り付けておきましょう。

なかなかしっかりとした棒が完成すると思います。

さぁ、みんなでワイワイ楽しみながら作ってみてスイカ割りを楽しんで下さい!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ