“すみません”と”すいません”どっちが敬語で正しい?その意味と違い

「すみません!」は普段の生活で当たり前に使われている言葉のひとつだと思います。しかし、先日友人に「すみません」と「すいません」には違いがあるんだよ。という事を教えていただきました。

「すみません」と「すいません」ほんの一文字が違うだけなのですが、敬語として利用するなど意味があるようです。
敬語として正しく使うのはどっちでしょう。その意味がわかれば、どっちを敬語として正しく使えますね。

言葉にはそれぞれ意味を持っていますので、正しく意味を知り、きちんとした敬語を使いたいですね

細かい事を言えば、違いなどがあるのですが、なかなか普段の生活で細いところまでなぜどう違うのかというところまで突っ込んで説明出来る人がいなかったので、今回はその意味と違いについてどちらが正しいのか?という事を感じたのです。

「すみません」と「すいません」は果たしてどっちが正しいのでしょうか。

今回は正しい敬語について『”すみません”と”すいません”どっちが敬語で正しい?その意味と違い』について書いていきますので、よろしければ参考にしていただければと思います。

【スポンサードリンク】

“すみません”と”すいません”はどっちが敬語として正しいの?

結論から言うと「すみません」が敬語として正しいです。

すいませんと言ってしまうと、「吸いません」という風になりタバコを吸いませんというニュアンスになってしまいます。

よって、正しい敬語として使うなら「すみません」と正しく発音しましょう。

細い事を気にする人だと

「私はタバコを吸いません」

とか嫌味を言う人がいるので、気をつけたいものです。

正しくは「すみません」です。

正しい敬語の使い方

基本的に会話の中で「すいません!」となっても余程嫌われていない限り許容されるレベルだと私などは思います。

しかし、正しい日本語をわかっていて使うのと、無知で使って失礼に値するのとでは、まったく違うと思うので、
日本で損しないように知識として知っておいた方がいいのは間違いありませんよね。

目上の方にはこういった細い日本語に厳しい人も少なくないので、覚えておく事をオススメします。

といってもすいませんでもすみませんでもどっちもおおむね通用しますので、気にしないという方も多くいます。
あまり細いことを言って、煙たがられないようにしたいものです。

相手によって使い分けられるのなら、そうした方がいいですね。目上の人に使って失礼のないようにしたいものです

【スポンサードリンク】

”すいません”と”すみません”の違いと意味は?

では、すいません と すみません と違いはどこで生まれたのでしょうか?

そもそも すいません という言葉は存在しません

会話の中ですみませんがなまってすいません!という言葉になったのです。

すみませんの意味は 済む という言葉から来ています。

なになにでは済まされないという事から「済みません(すみません)」という言葉が生まれました。

このように語源から覚えると間違える事も少なくなるのではないでしょうか。

大人として間違った言葉を平気で使っていると人間性を疑われてその人自身の評価を下げてしまう事もあるので、
正しい日本語を使うという事は自分の評価を下げないという意味でも非常に大事な事だなと思いました。

最後に

普段何気なく使っている言葉で実は間違って使っている言葉というものは案外多いものです。

間違った使い方をして、自分の価値や評価を下げないように、または恥をかかないようにしたいものです。

とりあえず、「すいません」ではなく「済みません」が正しい使い方なので、これを読んだあなたは以後気をつけるようにしましょう。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

お役に立てたらこれ幸いです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ