スーパー耐性菌とは?どんな症状?予防はできる?対策や治療法を調べてみた!

ときたまテレビに出てくるスーパー耐性菌とは、どんな症状なんでしょうか?

そもそもスーパー耐性菌とは何でしょう。

普通の耐性菌とはどのように誓うのでしょうか?

治療法や予防、対策などを知りたいものですよね。

このスーパー耐性菌とは新しい治療法などあるのでしょうか?

近年どのような症状や予防、対策があるのか知りたいものですよね。

スーパー耐性菌の治療法、予防と対策など分かれば知りたいものです。

このスーパー耐性菌は予防とはどのようなものがあるのでしょう治療法と対策を知りたいものです。

対策は、どのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は『スーパー耐性菌とは?どんな症状?予防はできる?対策や治療法を調べてみた!』と題して治療法などを大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

スーパー耐性菌について

スーパー耐性菌の症状や治療法、予防対策についてですかか、スーパー耐性菌とは単純にいうと対策や治療法や予防対策が非常に難しく、予防も非常に難しい危険な菌で、スーパー耐性菌に対する対策や治療法もありません。

またスーパー耐性菌に感染してしまうと症状は発熱や肺炎などの症状になり、スーパー耐性菌にかかると他の人たちに感染してしまう恐れがあり、治療法もないので予防対策やスーパー耐性菌に感染したときの症状について理解しないと非常に危険です。

ですので、今回はスーパー耐性菌の特徴や症状、予防対策や治療法について紹介します。

スーパー耐性菌とは?どんな症状?

スーパー耐性菌とは、世の中のあらゆる抗生物質などの薬に対して薬剤耐性を持つ菌のことで、薬が効かない菌なのです。

薬が効かない菌なので免疫抵抗力の低下した人がスーパー耐性菌に感染してしまいますと、死に至る可能性があり、医療施設など免疫抵抗力の低い患者が集中しているところで集団感染が起こるリスクもあります。

抗菌薬の一種である「メチシリン」という薬に耐性のある黄色ブドウ球菌が有名で、これに対して今度は「バンコマイシン」という薬として使われましたが、今度は「バンコマイシン」にも耐性を獲得した菌が現れ、それらの菌には「ニューキノロン」が使用されています。

上記のとおり、菌が進化していっているのがわかると思います。

そして、このニューキノロンにも耐性して、どの抗菌薬も効かないのが「スーパー耐性菌」で、代表的なスーパー耐性菌にはシネトバクター、緑膿菌、クレブシエラの3つがあります。

スーパー耐性菌は予防はできる?対策は?

スーパー耐性菌は基本的に正常な人で、普通の生活を送っているような人は感染することはほぼありませんが、

  • ・免疫力の低下した人
  • ・外科手術後の人
  • ・抗生剤を長く使っている人

などの方はスーパー耐性菌に感染しやすく、スーパー耐性菌に感染してしまうと肺炎、尿路感染症、手術した場所の感染症などで、具体的には発熱や下痢などを引き起こすことがあります。

そんな危険性のあるスーパー耐性菌なのですが予防があり、
免疫力を低下しないようにすることが予防になり、風邪の予防同様、手洗いやうがいをこまめに行い菌に感染しないようにします。

また抗生物質はなるべく摂取しないようにした方が良いです。

近年、特にインドでは即効性のある抗生物質の処方が乱用されているようで、抗生物質によって免疫力が低下してしまい、スーパー耐性菌に感染してしまうケースが増えているそうです。すぐに効くからといって抗生物質ばかり使っていると、このようなリスクがあります。

【スポンサードリンク】

治療法を調べてみた!

スーパー耐性菌に有効な治療法は実は無く、上記のようにスーパー耐性菌はあらゆる薬に耐性があり、現在の医療技術ではスーパー耐性菌を治療することはできません。

ですので、スーパー耐性菌に感染しないように普段から免疫力を高めるように心掛けるしか方法がありません。

また、抗生物質を多く取り込んでしまいますと逆に免疫力が下がってしまいますので気をつけてください。

まとめ

まとめとしてはスーパー耐性菌は危険な菌で治療法は無く、予防対策しかできないので、スーパー耐性菌について理解し、スーパー耐性菌に感染しないように充分に気をつけてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ