寿司のガリの食べるタイミングは?由来も知ってる?

本格的な寿司屋や回転寿司などに必ずと言っていい程置いてあるガリについてですが、ガリはひょっとしたら紅生姜代わりだと勘違いしている方がいるかもしれませんが、ガリはそんな使い方ではありません。

ガリは生姜とは呼ばない由来があり、またガリを食べるタイミングもあります。

ガリの由来は意外なもので、とてもシンプルな由来があるのです。

また、ガリを食べるときのタイミングなんですが、ガリは寿司を食べるタイミングで食べても意味はなく、寿司を食べた後のタイミングで食べると効果的なのです。

ですので、今回はそのガリについての由来についても『寿司のガリの食べるタイミングは?由来も知ってる?』とガリの由来と成分について紹介します。

【スポンサードリンク】

ガリとは?

ガリとは生姜を薄く切って甘漬けしたもので、よく寿司屋では甘酢平切紅生姜などと呼ばれる、ガリを袋詰めしたものを販売しています。

ガリは寿司には欠かせない付け合わせであり、歯触りのよい食感にさっぱりとした辛味と甘酸っぱい味がするのがガリの特徴です。

また、魚の独特の臭みを消臭してくれるので、寿司を一貫食べた後につまむと魚の臭みが無くなって舌が新しくなった状態で次のお寿司がおいしく食べられるようになれます。

また、ガリの語源の由来には複数あり、食感がガリガリするところから、あるいはショウガを刃物で薄く削るときにガリガリと音がするところからガリという名前が付けられた、などがあります。

通常ガリというのはいずれも醤油をムラサキ、酢飯をシャリ、茶をアガリと呼ぶのと同じで寿司屋の符牒(符牒)であるため、本来は客が使うべきではない言葉ではあるが、シャリのように現在では普通名詞として一般化しています

ガリの効果について

ガリには殺菌効果があり、ジンゲロールというものがあります。

ジンゲロールというのは生姜に必ず入っている成分で、ジンゲロールは強い殺菌力を持っており、刺身や寿司の薬味にショウガを使うことで生臭さを消したり、殺菌効果があるので生物によくある食中毒などの予防ができます

ですので、寿司などの生物には殺菌効果の高いガリはとても相性が良いので寿司屋には必ず置いてあるのです。

また、よくお酒を呑んで二日酔いになりやすい人にもガリを食べることをオススメします。

実はジンゲロールには生臭さを解消したり、殺菌効果などの他に二日酔いやつわりの吐き気を抑える効能もあります。

吐き気は、神経伝達物質であるセロトニンが胃腸の運動を必要以上に亢進させることで引き起こされるのですが、ジンゲロールにはそのセロトニンの胃腸の運動を必要以上に亢進させない抗セロトニン作用があることが証明されております

ですので、この抗セロトニン作用があるガリを食べることによりお酒を呑んだ後の二日酔いを軽減することができます。

その他にも、ガリに入っているこのジンゲロールは、加熱するとショウガオールに変化するのです。

ジンゲロールやショウガオールには胃潰瘍の発生を抑える働きがあります。

また、ジンゲロールには血行促進の作用があり、身体を温め冷え症を改善することができます。

昔から「風邪のひき始めにショウガ湯を飲む」と言われる理由は、ジンゲロールの発汗作用で解熱効果が期待できるためです。

温シップなどにも用いられ、ショウガは昔から民間薬として重宝されてきました。

まとめ

まとめとしては寿司屋に置いてあるガリは実は体に良いものが多く、とても役立つものばかりなので、もし寿司屋やいろんなお店やスーパーなどでガリが置いてあったら、是非食してみたり少量だけでも購入して日常生活に役立ててみた方が良いです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ