★暑中見舞いとお中元の違いは?両方送るべき?それぞれの時期は?

【スポンサードリンク】

日頃お世話になっている方に送るお中元。

お中元の他にも暑中見舞いもありますよね。

暑中見舞いとお中元の違いは一体どのような違いがあるのでしょうか?

そして、暑中見舞いとお中元は両方とも送るものなのでしょうか?

両方とも送るのは間違いなのでしょうか?

また、暑中見舞い、お中元は、ちゃんとした時期に送らないと失礼になりますよね。

暑中見舞い、お中元の時期はいつからいつまでなんでしょうか?

そんな気になる暑中見舞いとお中元の違いや両方送るべきなのか、時期などについてクローズアップ!

今回は『暑中見舞いとお中元の違いは?両方送るべき?それぞれの時期は?』についてご紹介します。

お中元とは?

お世話になっている方(親類・仕事関係・知人)への感謝を表す贈り物です。

今後とも宜しくお願いしますという気持ちを伝えるものです。

お中元の時期のおおよその目安としては、関東地方では7月上旬から15日(6月下旬はNG)、関西地方では7月15日から8月15日が一般的とされています。

しかし、ここ最近では、関西地方でも関東地方の風習に合わせてお中元の時期が早まる傾向があり、7月中であれば問題ないという認識が強くなってきているとも言われています。

東日本は6月末から、西日本は7月に入ってからなど年々贈る時期が早まる傾向にありますので、お中元は6月に入ったら早めに準備するのがよいでしょう。

お中元の時期を過ぎてしまった場合は、のしの表書きの「御中元」という表記を「暑中御見舞」または「残暑御見舞」とします。

東日本の場合、7/16~立秋(8/7頃)に届くものを「暑中御見舞」、それ以降を「残暑御見舞」と書きます。

西日本の場合、8/16以降の期間に届くものを「残暑御見舞」とします。

お中元の時期の地域差の理由は?

お中元の時期が地域で差があるのは、『お盆の期間』の違いです。

お中元は、今ではお世話になった人に感謝の気持ちを伝えるために物を贈りますが、そもそもは、仏教の「盂蘭盆会(お盆)」に由来し、死者の魂を供養するとともに、生きた魂の供養のために物を贈り合っていたそうです。

しかし、このお盆の期間が地域によって差異があるため、これがお中元の違いに繋がっています。

【スポンサードリンク】

暑中見舞いとは?

お世話になっている方(親類・仕事関係・知人)への安否の伺いや無沙汰のお詫び、自身の近況を伝えるものです。

暑中見舞いを送る時期は、梅雨明けもしくは、小暑の終わり(7月7日)から立秋まで(8月7日)が一般的とされています。

立秋を過ぎると「残暑見舞い」の時期になってしまい、お中元とは違って終了の日付がしっかりと決まっていますので、「暑中見舞いは立秋まで」と覚えておくとよいでしょう。

残暑見舞いとは?

暑中見舞いと同じく、お世話になっている方(親類・仕事関係・知人)への安否の伺いや無沙汰のお詫び、自身の近況を伝えるものです。

残暑見舞いの時期は、立秋以降(8月7日)~8月31日です。

暑中見舞いと同様、暑さの厳しさが残る時期に相手の様子をうかがうものですが、時期はまったく異なりますので注意が必要です。

暑中見舞いとお中元は両方送るべき?

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは送る時期が違いますが、両方送るべきなのでしょうか?

送るのであればどちらかだけで大丈夫です。

「両方送りたい」という方は送って貰っても問題ありません。

お中元の金額の相場はどれくらい?

お中元の金額は、安すぎたら失礼ですが、高すぎても相手の負担になってしまうのでなるべき適切な金額のものを贈るべきです。

一般的な相場は3000円~5000円で、相手の関係によって10000円程度に変わってきます。

もちろん、自分や相手の経済状況にもよるので、一概には言えません。

・知人:2000円~4000円
・親戚・上司:3000円~5000円
・特にお世話になっている人:5000円~1万円

相手に合わせてこのように金額を変えましょう。

お中元のお返しは贈るべき?

お中元は貰ったら返さないといけないように思われるかもしれませんが、返さなかったからといって、それがマナー違反になるわけではありません。

もしもお返ししないのが心苦しいというのであれば、きちんとお礼の連絡をして、お中元に対してお中元を返すのではなく、暑中見舞いや残暑見舞いとしてお返しをしましょう。

まとめ

今回は、暑中見舞いとお中元の違いや両方送るべきなのか、時期などについてご紹介しました。

お中元は、西日本、東日本で送る時期の差がありますので、注意が必要です。

【スポンサードリンク】

そして、「お中元」と「暑中見舞い」の違いは、いただく側としてはもちろん把握しておく必要がありますが、贈る側としても知っておくようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年7月19日

カテゴリー:人間関係 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ