★小学校受験の面接は両親も重要!面接官に好感度を与える服装やポイントを伝授!

【スポンサードリンク】

小学校受験では、面接が入試科目に入っていることが多いですよね。

子供の面接だけではなく、親の面接もあります。

小学校受験では、子供だけでなく親もしっかり見られているんです。

では、小学校受験の面接で親はどのような服装でいけばよいのか迷いますよね。

一体どのような服装がよいのでしょうか?

スーツなど服装を選ぶ際のポイントがあれば、そのポイントを押さえれば安心ですよね。

そんな気になる小学校受験の面接での親の服装やポイントについてクローズアップ!

今回は『小学校受験の面接は両親も重要!面接官に好感度を与える服装やポイントを伝授!』についてご紹介します。

小学校受験の面接について

面接は、あらゆることに注意が必要ですが、その中でも第一印象というのはかなり重要なポイントとなってきます。

第一印象の良し悪しを左右するのは、身だしなみです。

つまり、服装や髪型が重要なんです。

清潔感がある服装というのはもちろん、受験する小学校によって校風や雰囲気には大きな違いがあるので、受験する小学校に合わせた服装をするということが一番のポイントです。

いくら高級な服を着ても校風に合っていない場合には、面接でマイナスのイメージを与えてしまうことになってしまいます。

お受験スーツの基本

  • 母親編

    ・色

    お受験の場合、「紺スーツ」が基本です。

    あくまでお受験の主役は子供なので、主役より目立ち過ぎないことが大切です。

    スーツの主流である黒は、喪を連想させるためお受験スーツとしては避けるようにしましょう。

    ・デサイン

    紺スーツのデザインは、様々な種類がありますが、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

    ワンピースにボレロやジャケットを合わせたスタイルなら、今後に控える入学や卒業式でも使い回せますので、オススメです。

    お受験スーツのシルエットは、上品さや高級感を与えるスーツを選びましょう。

    ・小物

    紺スーツに合わせる小物は、ブランド名がはっきりわからないシンプルな黒のハンドバッグ、革素材の黒パンプス、ベージュのストッキングが定番です。

    面接当日はスリッパや子供の体操着などを持参したり、受け取る書類があることが多いので、サブバッグとして黒いトートバッグを持って行くようにしましょう。

    スリッパを持参する場合、スーツに合わせた黒のスリッパがおすすめです。

  • 父親編

    ・色や柄

    子供のお受験では、父親はスーツを着るのが基本です。

    普段仕事で着ているスーツよりはフォーマルなものを着て臨むようにします。

    そして、生地はストライプなどの柄が入ったものではなく、無地を選びましょう。

    形は最もスタンダードなシングルの2つボタンがよいでしょう。

    色はネイビー、グレー、黒など明るめではなく、ダーク系の落ち着いた色にしましょう。

    ネクタイの色も迷った場合、スーツと同系色でまとめるのがおすすめです。

    ・ワイシャツ

    ワイシャツは、無地の白や目立たないストライプなどのシンプルなものにしましょう。

    そして、襟はレギュラーカラーかワイドカラーを選びましょう。

【スポンサードリンク】

お受験スーツの注意点

  • 母親編

    ・パンツスーツはNG

    特に、年配の方は、パンツスタイルは正式な装いではなく「カジュアル」という印象を持っている方もいらっるようですので、スカートやワンピーススーツを着るようにしましょう。

    ・しわにならない素材を選ぶ

    面接は待ち時間が長いことが多いため、座っている時間が長くなります。

    スーツにしわやヨレができると、面接時のお受験スーツとしては少々だらしない印象になってしまいますので、ウールなどある程度の素材のものおすすめです。

    ・スカートの丈に注意

    面接の際には椅子に座る機会が多いので、椅子に座った時に膝が丸見えにならないスカート丈のものを選ぶようにしましょう。

    特に背の高い方の場合、スカート丈に注意が必要です。

    本番前に急いでスーツを準備し、実際には座った時に膝が隠れないこともありますので、試着を行い、余裕をもって準備するようにししましょう。

  • 父親編

    ・長い靴下を履く

    短い靴下は、NGです。

    くるぶしより長く、座っても素肌が見えないくらいの長さを選ぶようにしましょう。

    色はスーツの色と合わせます。

    ・腕時計はフォーマルなものを

    腕時計にも気を遣いましょう。

    デザインはできるだけシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

    革バンドの時計ですと、フォーマルな印象を与えます。

    ・母親と雰囲気を合わせる

    母親のスーツと父親二人の雰囲気を合わせることも意識しましょう。

    並んでみてちぐはぐな印象にならないよう、色合いなどを注意が必要です。

まとめ

今回は、小学校受験の面接での親の服装やポイントについてご紹介しました。

受験の前には、親のスーツを用意したり、子供の服を用意したり、勉強を見てあげたりなど、やるべきことがたくさんあります。

準備はしっかりしておくべきですが、当日は「ベストを尽くす」ことが大事です。

【スポンサードリンク】

あまり固くなりすぎず、リラックスして受験に臨んで下さいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月2日

カテゴリー:子ども

サブコンテンツ

このページの先頭へ