食べ過ぎて苦しい、寝れない時の対処法のツボはどこを押す?

ついつい食べ過ぎてお腹が苦しい、寝れないってことはないですか。

美味しい食べ物がたくさんあって食べ過ぎて苦しいなんてことも。

食べ過ぎて、苦しいと寝れないときついですよね。そんな時の対処法としてツボがあるようです。

食べ過ぎて寝れない。苦しいので寝れない。
そんな時の対処法のツボ。

対処法のツボで寝れない時をのりきりたいですね。ツボを押す対処法ならすぐに実行できますよね。

では『食べ過ぎて苦しい、寝れない時の対処法のツボはどこを押す?』として調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

食べ過ぎて苦しい時の対処法

皆さん、食べ過ぎて苦しい思いをしたことはあると思います。
お腹がパンパンになって苦しいですよね。食べ過ぎて、お腹がしばらく痛くなることも。

しかし、美味しい食べ物がたくさんあるとついつい手が伸びて食べてしまって、後で苦しい思いをするんですけどね。
そんな苦しい状態ですぐには寝れないですね。

食べ過ぎてしまった時には、ある程度消化するまで苦しい症状がおさまるのを待ちましょう。

身体の右側を下にして横たわりしばらく安静にするのが良いみたいです。
胃の出口が右側にあって消化を助けて、腸への移動をしやすくするためです。

少し動けることが出来るのであれば、散歩やウォーキングなどの軽い運動をすることも効果的です。
そうすると、身体の代謝が良くなって胃も活発にあり消化がよくなります

たまたま食べ過ぎたり、食べ放題だからしっかり食べようとして苦しい思いをしたのならまだよいですが、この苦しい程の食べ過ぎを繰り返す場合は理由がほかにあってよくないかもです。

人間はストレスや気づかないうちに精神的にダメージを受けて食べ過ぎを繰り返し足りするケースがあるのです。

ちょっと今の状況を確認するのも一つですね。

食べ過ぎて寝れない時の対処法

食べ過ぎてから苦しいと後で後悔してしまいますよね。

食べ過ぎなければよかったと。わかっていても、つい目の前にあるとどうしても止められなくて食べてしまった・・・とたまにならまだよいですけど。

そんな時に簡単に対処できる方法を幾つか紹介します。

  • 軽い運動
  • 珈琲や緑茶を飲む
  • ガムを噛む
  • フルーツを食べる
  • 炭酸水を飲む
  • お風呂に入る

【軽い運動】
食べ過ぎて苦しいとすぐに横になって休みたいと思いますが、そのまま横になると食べた物を消化しようと頑張っている胃酸が逆流して食道へ流れてくる可能性があるのです。
ですので、立ち上がって壁に手をつけて太ももを交互にゆっくり上げ下げして軽く運動をしましょう。
そうすることで、胃の動きが活発になり横になるよりも早く苦しみが軽くなります。

【珈琲や緑茶を飲む】
珈琲にはクロロゲン酸という消化促進作用のある成分がはいっています。
珈琲や緑茶ともに入っているカフェインには利尿作用があるので、むくみ対策になります。

【ガムを噛む】
ガムを噛もと唾液の分泌が促されて消化の促進につながります。

【フルーツを食べる】
リンゴやパイナップルには消化を助ける成分がはいっているので、100%ジュースでもよいです。

【炭酸水を飲む】
お腹が膨れてきついんですが、炭酸水を飲むと炭酸ガスが胃の動きを活発にしてくれて消化を促す事になります。

【お風呂に入る】
少し楽になったらお風呂に入りましょう。半身浴が望ましいです。
リラックス効果もあり、血行促進によって新陳代謝が活発化して消化の促進に繋がります。

色々と対処法がありますが、寝れない時の対処法としてツボを押すというのがあります。
そちらも次にご紹介いたしますね。

【スポンサードリンク】

寝れない時の対処法のツボ

胃が重い、ムカムカするという時のツボ押しが効果的です。
苦しい状態から改善させるツボを押してみましょう。

・ちゅうかん
「おへそ」と「みぞおち」のちょうど中間地点にあるツボです。
息を吐きながら押す、吸いながら戻すのも重要となります。
やさしくツボを押してください。

・いてん
耳の中心の軟骨部分にあります。軟骨部分をやさしく揉むとよいです。

・ごうこく
手の甲にあります。親指と人差し指の付け根の部分です。骨と骨の間にあります。
痛気持ちいい程度に押すのがよいです。

まとめ

このように、食べ過ぎて苦しい時の対処法を試したり、寝れない時にはツボを押して対処するなどして食べ過ぎて苦しいのを対処してみて下さい

まずは、食べ過ぎないことが一番なんですけどね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ