台風対策はガラスが決め手?家や車の窓が割れないようにする方法

秋になり台風が近づくシーズンのなってきました。

最近では地球温暖化の進行により、台風の威力が増しており、被害も大きくなりつつありますが、皆さんは台風対策は大丈夫ですか?

台風の被害で最も多いのは家の窓のガラスの破損と言われています。

家の窓のガラスが割れてしまうと、家の中にガラスの破片が飛び散り、大怪我の原因になったり、それによって家電が壊れて、発火の原因になったりして大変危険です。

一般に家の窓のガラスが風のみによって割れる場合は風速20メートル以上必要と言われており、多くは風によって飛ばされたものが家の窓にぶつかることにより、ガラスが割れるといわれています。

ですから台風対策をする場合は、物が当たっても家の窓のガラスが割れないように工夫しなければなりません。

車に関しても気を付けないといけませんね。車の窓のガラスが割れてしまう原因として一番多いのは、車の水没による水圧の上昇と言われています。

ですから台風対策としては、車を水没の心配がないところに避難させる必要があります。

でも台風対策と言っても具体的に何をすればよいのかピント来ないですよね?

そこで今日は今からでもできる台風対策として『台風対策はガラスが決め手?家や車の窓が割れないようにする方法』を紹介していこうと思います。

【スポンサードリンク】

台風対策で家や窓車のガラスが割れないようにする方法3つ

  • 雨戸のがたつきチェック
  • 家の周りのモノを片付ける
  • 車は安全な場所へ

【雨戸のがたつきチェック】

皆さんの家に雨戸はありますでしょうか?

実はこの雨戸は台風の時に窓ガラスにものがぶつかるのを防ぐ働きがあるんです。

しかしこの雨戸の点検を普段から行っていないと、肝心の暴風雨の時に開け閉めができず、まったく意味を成さなくなってしまいます。

なので、普段から常に点検をして、メンテナンスを怠らないようにしておきましょう

もし壊れている場合は、業者に修理を依頼し、台風の季節までに修理を終えておくか、またホームセンターなどで、防風ネットやフィルムを購入しつけておくとよいでしょう

【家の周りのモノを片付ける】

台風の接近するとわかったら、家の周りにある植木鉢や物干し竿は風が当たらない場所にしまっておくようにしましょう。

これらのものが、外にありますと、暴風で飛んできて、窓のガラスや車のガラスの破損の原因のなります。

また近所の方が植木鉢を出している場合でも地域間で話し合って閉まって」もらうようにしましょう。

台風対策でもなんでもそうですが、ご近所での協力は強力な武器になりますので、ぜひ活用しましょう。

【スポンサードリンク】

【車は安全な場所へ】

台風によっての被害は暴風だけでなく、洪水も起こりえます。

その際車を外に出しておきますと、水没してしまい、あとから車が使えなくなり、あなたの貴重な移動手段を失うことになります。

ですから台風が近づくとわかったら、車を安全な場所に避難させましょう。

その際は屋内駐車場も確かに良いですが、お勧めとしては地下の貸しガレージや、地下駐車場が良いと思います。

また万一車が破損してしまい、車両保険の対象となりますので、保険証などは車の中だけに置かず、家の中にコピーして分けて保管しておくとよいでしょう。

ちなみにまだ車両保険に入っていないという人は台風や急な洪水その他、事故などの対策として、ぜひ入っていただくことをおすすめします。

まとめ

さてここまで台風対策で車や家のガラスが割れない方法について書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

一見するとそんなのは当たり前だと思われる方もおられるかもしれませんが、いざ台風が近づいてくると、意外に見落としてしまうところでもあります。

災害は忘れたころにやってくるともいいますので、ぜひ普段台風の被害のあまりないところであったとしても、普段から点検はしておいた方が良いと思います。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ