お風呂のタイルの目地の黒い汚れはカビ!きれいに落とすには?

毎日入るお風呂ですが、お風呂のタイルの目地をよく見ると、なにやら黒くなってる?

その黒い物の正体はカビです!

お風呂は、換気や掃除をこまめにして汚れを落とすのですが湿気が溜まりやすく、黒いカビが発生することがあります。
特にお風呂のタイルの目地は、気がついたら黒いカビが発生します。
お風呂の黒いカビってどうやって落とすのか?

ごしごしこすっても、タイルの目地の奥まで黒くなっている時は、落とすのも一苦労です。

タイルの目地の奥にカビ菌が残っていると、表面上はキレイに落とすことが出来ても、すぐにまた黒いカビが発生してしまいます。

『お風呂のタイルの目地の黒いカビをきれいに落とす方法と、カビを生えにくくする対策』をご紹介します。

お風呂のタイルの目地の黒いカビをきれいに落とす方法

黒いカビを落とすには、色々な方法がありますよね。

その中でも今回は2つご紹介します。

  • ①カビキラー、ブリーチ
    カビキラーやブリーチを使うのは、すごく簡単で効果も早いです。
    カビキラーは、カビにスプレーをするだけで数分放置するとカビをきれいにすることが出来ます。
    また、ブリーチは何かの容器にブリーチを入れて、刷毛などでブリーチをカビに塗って行きます。塗っているそばからみるみる白くなり、カビがきれいになります。細かいところは、いらない歯ブラシなどでこすると良いです。
    しかし、この2つはすぐにきれいにすることが出来ますが、手や目に付かないように注意が必要です。

    さらに、臭いもきついため、気分が悪くなったりめまいを起こしてしまう可能性もあります。

    カビキラーやブリーチを使う前にはしっかりと換気をして行いましょう。
    服などにもついてしまうと、脱色されますので注意しながら行って下さい。

  • ②重曹、酢かクエン酸
    お掃除といえば、重曹ですよね。さらに、酢やクエン酸は水回りの掃除にはもってこいです!酢やクエン酸は酸性で、水垢や石鹸カスはアルカリ性で酸性はアルカリ性を中和してくれる効果があります。使い方は、まず酢かクエン酸を水と比率が1:3になるようにしてスプレーボトルなどに入れて酢水を作ります。

    カビが発生している所にまず水をかけて酢水をスプレーします。

    重曹を振りかけて、さらにもう一度酢水をスプレーします。

    その後、2・3時間放置したあとお湯で洗い流し、そのあと冷水をかけて完了です。

    この方法は、成分としては優しいので小さなお子さんがいるご家庭では安心ですが、時間がかかってしまいます。

    カビキラーやブリーチがないときにこの方法を使うのもいいですね。

    あまり、効果を得られない場合はこの2つをした後にラップなどで密封して放置するとより高い効果を得ることが出来ます。

【スポンサードリンク】

カビを生えにくくする対策

  • ・毎日
    お風呂は毎日洗っていますか?毎日している人もいれば、2・3日に一度という人もいますよね。もちろん毎日掃除をするに越したことはありませんが、時間がなくても、誰でも毎日出来る対策があります。お風呂に入って出る前に、風呂場全体にお湯をかけます。

    その後、冷水を風呂場全体にかけます。
    そして換気をするだけで、カビの餌となる石鹸カスなどをきれいにすることが出来ます。
    お風呂を出る前は忘れずに行いましょう。

  • ・月に一度
    カビが発生していないときは、月に一度ほどお風呂用の防カビくん煙剤を使用します。
    定期的に使用することでカビの発生をかなり防ぐことが出来ますのでお試し下さい。
    ドラッグストアで購入することが出来ます。

まとめ

【スポンサードリンク】

カビは本当にしつこいですし、すぐに発生してしまいます。
毎日の掃除と対策をしっかり行うことで、いつもきれいな浴室を保つことが出来ます。

換気もしっかり行いましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年12月26日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:住宅 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ