耐震、制震、免震の違いについて

耐震とはどういった事をさすのでしょう。
その効果と問題点とは?

阪神大震災、東日本大震災、今回の熊本の地震など日本は多くの地震被害に見舞われることが多いです。

その時ににメディアなどで叫ばれるのが、「建造物の耐震化」です。

阪神大震災を契機に建造物に耐震化工事が進められてきました

当時は多くの「建造物の耐震化」の為に柱などに構造用合板をいれるなどして固定することによって建物の強度が増し、地震に耐えることができると考えられていました。

しかし近年の研究で確かに揺れは軽減できるものの、揺れや衝撃が直接建物に伝わってしまい、それが度重なることで建物躯体に大きな負担がかかり、やがて倒壊する可能性があるということがわかってきたのです。

そこで現在注目されているのが、制震免震という考え方です。この制震、免震とはなんでしょう。

みなさん制震、免震て知っていましたか?ご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので、その制震、免震についても詳しく調べてみましょう。

では今回は『耐震、制震、免震の違いについて』を解説していこうと思います。

【スポンサードリンク】

制震とは?耐震との違い

制震とは建物の倒壊を防ぐために地震の強い揺れをいったん受けとめて、制震装置で静めるという仕組みです。

この装置は主に地震の揺れやすい箇所を地震パネルやダンパーなどに置き換えて設置されます。

例えばビルの高層階のような場所です、しかもその装置鉄筋コンクリートのような重い建物は各階に設置され、鉄骨造のような軽い建物は最上階に装置が設置されます。

装置は壁に中に設置されるので、見た目にはわかりません。

設置費用は50万円ほどです。

耐震構造が建物全体を固めるのに対し、制震では地震による被害の受けやすい場所だけに装置を設置します。

この構造は主に地震により、建物が変形する際に効果を発揮するもので、あまり変形しないツーバイフォー工法のような剛性の建物ではあまり効果は期待できません。

免震とは?耐震、制震との違い

耐震が地震のエネルギーを受けて「耐える」のに対し、免震では地震のエネルギーをなるべく受けない「免れる」ような構造です。

具体的には建物と地盤の間に柔軟で変形可能なアイソレータというものを設置することで、建物が地盤の揺れに影響しないようにする方法です。

このアイソレータは鉄板とゴムを交互に重ねたものが用いられます。

この構造は地震の強い激しい揺れを大きくゆっくりとした揺れに変えてくれます。

2004年の新潟中越沖地震において、免震構造の建物では地震の影響が4分の1まで抑えられたという報告もあり、建物の免震化が求められています。

しかしこの構造にもデメリットがあり、確かに地震には強いのですが、地盤と離れてしまうため土台が不安定になってしまうという危険があり、耐震構造と免震構造の併用が行われています。

【スポンサードリンク】

まとめ

なかなか難しい話になりましたが、この構造を性格にしてみると耐震君はとにかく身を固くし、上司の話をあたかも平気そうに聞いているのですが、心の中ではすごくショックを受けていてあるとき急にうつ病などになるタイプの人制震君自分から能力を発揮することはないものの、自分と組んだ相手の能力を最大限に発揮させることでチームの営業成績を上げていくタイプの人免震君自分には能力はあるが、あえてそれを半分に抑え平均を摂り続けるようなタイプの人です。

確かに平均点なので文句のつけようがありませんが、自分はこれといったものがなく上司としては少し物足りないかもしれません。

今日調べて分かったことは日本の建物のほとんどは1回の地震には確かに耐えられるようにはばりました。

しかし今回の熊本の地震のように繰り返し大規模な地震が起こるような場合にはまだまだ耐えうる建物が少ないのではないかと考えます。

一刻も早い建物の耐震化と免震化が必要であるように感じました。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ