七夕の短冊を笹に巻くのはなぜ?由来や意味をご紹介

七夕といえば、短冊に願い事を書いて笹に下げ、七夕が終わると短冊のついた笹の木ごと川などに流すというのが一般的です。

7月になると、保育園や高齢者施設などあらゆるところで笹と短冊が飾られ、七夕の行事が行われます

その中で絵本などを用いて七夕行事が始まった由来や意味を紹介されます。

よく知られているのが、織姫と彦星のお話だと思います。

しかし七夕の行事に関しては他にも様々な疑問があります。

例えば

「なぜ七夕には笹や竹を使うのか?その由来や意味」

「短冊の由来とその色に込められている意味」

「短冊以外の七夕飾りに込められている意味」などです。

どれも普段何気なく笹の七夕飾りを見ていて、それが当たり前だと思い特に疑問に感じなかったことばかりだと思いますが、これにはちゃんとした由来と意味があったのです。

今日はこの三つの謎を紐解きながら、七夕の行事に隠されたその由来や意味を『七夕の短冊を笹に巻くのはなぜ?由来や意味をご紹介』として書いていこうと思います。

【スポンサードリンク】

なぜ七夕には笹や竹をつかうのか?その由来や意味

その昔日本では笹や竹は神聖なものとされ、天に向かって伸びる笹の生命力と、笹の葉が風などのよってさわさわと揺れる音がするときは、先祖の霊や神様が宿っているときであるとされていました。

七夕が伝わった当初は宮中行事として行われ、祭壇の上に針や糸を供えて裁縫に上達を祈願する行事だったといいます。

人々は祭壇の近くにある笹や竹に織り糸をかけて裁縫や枝芸の上達を祈願しました。

この笹や竹は織姫と彦星へのお供え物の目印とされ、祭壇の横に置かれたといいます。

やがてこの宮中行事が一般庶民の間に広がっていくと、笹や竹にかけるものが織り糸から次第に飾りに変化していくことになります。

短冊の由来とその色に込められている意味

七夕といえば短冊ですが、七夕が伝わった当初は短冊は紙ではなく、糸でした。

それが次第に布になり、江戸時代に入り、紙の短冊に変化していきます。

そしてこの時代から短冊に願い事を習慣ができてきました。

短冊には五色の色があり、それぞれちゃんと意味がありるので、願い事を書く参考にしてください。

=父母や祖先への感謝の気持ちを表す色で、家族の健康や長生きを願うのによいと思います。

=徳を積む、人間力を高めることを意味する色なので願い事を書くなら、誰かのためにこうしたいといった社会貢献のような願いを書くとよいと思います。

=義務や決まりを守ることを意味するいろなので、願い事をするときは禁酒や禁煙など自分なりに決めたルールのようなものを書くとよいと思います。

黄色=信頼、友人 知人を大切にするといった意味なので、いつまでも仲良くいたいや友人関係や恋愛関係の願い事を書くとよいと思います。」

=学問や技能の向上をいみするので、受験合格や資格取得などの願い事を書くとよいと思います。

以上が色と叶いやすいねがいごとです。

なお青色は緑色の短冊でも代用可能です。

【スポンサードリンク】

短冊以外の七夕飾り3つのに込められている由来や意味

  • 紙衣
  • 巾着
  • 折り鶴

【紙衣】

紙衣は七夕飾りの最も上にあるもので、紙衣=神衣と読んで、神様にささげた衣を意味します。

これは病気や災害の身代わりになるという意味と、女の子の裁縫の上達を願うという2つの意味が存在します。

【巾着】

巾着は今でいう財布ということで、この巾着に口をしっかり結ぶことで、急な出費や散財などを防ぎ、貯蓄の増大や商売繁盛を意味しています。

【折り鶴】

鶴は長生きの象徴であり、家内安全や、家族の健康、長寿を願う意味が込められています。

昔は七夕飾りに家族で一番長生きしている人の歳のかずだけ鶴をおっていました。

まとめ

こうして見てみると普段何気なく見ていた七夕の短冊や笹、その他の七夕飾りの1つ1つに深い意味が込められていることがわかってきました。

中でも驚きだったのは七夕の短冊の色にもちゃんと意味があったということです。

この意味に沿った願い事を書いておくと、今年の七夕はもしかしたら願いが叶うかもしれませんね、

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ