短眠者の特徴と寿命 簡単な短眠法もご紹介!

短眠って気になりますよね。

世の中には短眠生活で人生を楽しんでいる人がいるのにと思います。

でも短眠生活の特徴として寿命が縮むというし、特徴として寿命が縮むのなら健康にも害がありそうですし

どうなんでしょうか。短眠の特徴と寿命との関係がとても気になるところです。
簡単に短眠生活になる短眠法はあるのでしょうか。

もっと簡単に短眠法の生活ができれば、やりたいことできるのにと思いますよね。簡単な短眠法はあるのでしょうか。

そこで今回は短眠者の特徴と寿命を簡単な短眠法を知るため『短眠者の特徴と寿命 簡単な短眠法もご紹介!』を大公開いたします。

【スポンサードリンク】

短眠者の特徴

世の中には二通りの人間がいます。

長眠の人と短眠の人の二通りです。

短眠の人の特徴は毎日の睡眠時間3時間以内で普通に生活して睡眠を必要としていない人達です。

それに比べて長眠の人の特徴は10時間以上の睡眠を必要とし、それでも睡眠が足らないという人達です。

彼ら短眠の人の特徴は簡単にいうと、寝ることが嫌いな人達で、寝ないで生きていたい人達です。

短眠の人の特徴としては、とても短気で強気な性格であり、性格は明るく、短眠の効果なのか楽天的で社交的な点が特徴です。

自分を尊重して他人も尊重する、そして適度に肯定的であり自信家でもあります。

長眠の人との違いを簡単にいってしまうと性格の明るさが特徴で、目標やゴールもはっきりともっていて意見をハッキリ言えることに特徴があります。

短眠の人は事業家などに向いている傾向があるといえるでしょう。

なぜ短眠の人と長眠の人に分かれるのかというとストレスが原因といえます。

ストレスの多く感じる人ほど長時間の睡眠を必要とし、あまりストレスを感じない人は短眠となるのです。

ストレスを感じない悩まないということが簡単に短眠生活になる方法なのです。

短眠と寿命

短眠といえば寿命といえるぐらい短眠と寿命は切っても切れない関係にあります。

睡眠時間を短くしたら、寿命が短くなったでは話になりません。

しかしそれは勘違いです。短眠生活していたからといって寿命が短くなるというのは間違いです。

短眠と寿命の関係は、まったく関係がありません。

簡単な短眠法

簡単に短眠になる方法は、まず睡眠の質をあげることです。
これだけで、睡眠時間は大幅にカットされます。

睡眠の質をあげるとは簡単にいうと、枕の高さやマットレスの肩さを
自分に合わせてリラックスさせるということです。

こんな簡単なことで短眠に近づくことができます。必要なのは、リラックスするための工夫といえるでしょう。

リラックスといっても寝酒などでアルコールや摂取することは
短眠から遠ざかるだけです。

逆にかえって、興奮して眠れなくなるだけですので寝る前のアルコールは控えましょう。

寝る前の睡眠の質をあげることが短眠の簡単な近道ですが、寝る前だけでなく
朝起きたとき、つまり寝起きも大事なのです。

簡単にいうと寝起きの朝日を浴びることで短眠への近道となります。

寝る前と朝起きたときのちょっとの差だけで、短眠と長眠の違いということになります。

【スポンサードリンク】

短眠は人により違う

睡眠時間は、個人差があります。

短眠において、必要なことは自分のベストな状態の睡眠時間を知るということです。

簡単なようですが、なかなか自分のベストを知ることは難しいものです。
睡眠のスケジューリングなども簡単にはできないでしょう。

ですので、1週間を短眠のスケジューリングとして実践してみるのをお勧めします。

何時に寝て、何時に起きたのかを記録に収めるのです。

毎日の記録が短眠に近づく第一歩になります。ぜひ、試してみてください。

まとめ

以上のような、簡単なステップを組めば、短眠は誰でも可能です。

最初は、苦しいでしょうがやってみる価値はあります。

ぜひトライしてみてください。そして短眠生活になりましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ