teespringとは?元手ゼロでTシャツを販売できるってどういう仕組み?

「teespring」というサイトが話題になっている

なぜかというと、実質元手ゼロでTシャツを販売出来てしまうサイトだからだ。

普段着ているTシャツでも、こんなTシャツがあったらな?とかこんなTシャツをオリジナルで販売出来たらなー

と思ったことがあるはずです。

私もオリジナルのTシャツを作成したことがあるが、それはそれは大変でした。

しかも200枚くらい作ったのですが、ほとん売れませんでしたw

そんなTシャツを資本ゼロで販売できるサイトという事で、今回は『teespringとは?元手ゼロでTシャツを販売できるってどういう仕組み?』について書いていきます。

【スポンサードリンク】

teespringとは?

いつからあるサイトなの?

2012年4月から解説されたサイト。

「Teespring」は、創設者たちが大学時代、ある出来事に便乗してTシャツを作って売ろうとしたところ、予想していたより面倒が多いことを発見したことから誕生した。のがきっかけ。

同サイトでは、誰でもTシャツやタンクトップなどのアパレルにプリントするイラストやメッセージをデザインして、不特定多数の人から注文を受け、販売することができる。

【スポンサードリンク】

元手ゼロでTシャツを販売できるってどういう仕組み?

販売したい人は在庫を抱える必要がなく、ノーリスクで販売を手がけることができるのが大きなメリット。多くの人たちが私たちのプラットフォームを活用しています。

注文者の口座から予約金が引き落とされて、実際にそのデザインで生産されるのは、事前に設定した枚数の予約が集まった場合だけに限られる。つまり、同サイトはアパレル専用のクラウドファンディングのプラットフォームになっている。そのため「Tシャツ版Kickstarter」というニックネームが付いている。

最後に

発送するならお金を負担する必要がないのも特徴で
今後の活躍に期待したい。

サイトはコチラ

関連記事はこちら

服についての記事はコチラ

お金についての記事はコチラ

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ