天然(性格)は英語で何と言う?

天然ってどういった事をいうのでしょうね。

天然=性格 類語として使われています。
「天然(性格)だよね。」「天然(性格)入っているよね。」
といった事を性格をどうだと話しが出た時に話題となる事もありますね。

その天然(性格)は英語でなんと発音するのでしょう?
英語に通訳出来るのしょうか。英語ではなんというのでしょうね。

英語で天然(性格)はどのように発音するのか調べてみることにしてみました。

ではきょうは『天然(性格)は英語で何と言う?』と題し、まとめてみます。

【スポンサードリンク】

天然は性格?

「あの人天然ですね」
「あの人はいつも天然ボケですね」

などというのはよく聞きますね。

そもそも「天然」とはどういう性格を言うのでしょうか?

天然とは、類語として「不思議ちゃん」などと言われる性格とよく似ているところがあります

性格が天然というと、概ね
「悪意がなく被害にあった人が不快感をあまり感じていない」ということがいえるでしょう。

天然な性格は具体的に言うと

  • 真面目で純粋
  • 人の話を聞いていない
  • 天真爛漫で気分屋さん
  • 意図的にボケているのではなく、心からそう思った事がズレている
  • 行動は善意。人に迷惑がかかっているとは思っていない
  • 時に恩恵をもたらすが、信頼関係がないとややこしくなることもある
  • 迷惑をかけることも多いが何故か嫌われない

友達や長いお付き合いの中では、「天然だから・・・」と済まされることも多く、周りからは親しみをこめてそのような言われ方をすることもありますね。

しかし、まだ知り合って間もない頃は、つかみどころがない場合もあるのでわかりにくいかもしれません。

天然を英語で言うと…?

天然という日本語を英語で表すと、色々な感情が入るせいか、様々な表現があるようです。

天然を英語で言うと

  • dopey/ぼんやりした
  • gooyy/まぬけな
  • naive/単純な、素朴な、だまされやすい
  • natural/自然のもの、ありのままのもの、天然
  • innocent/汚れのない、純粋な、鈍真な、単純

どの内容を見ても、人それぞれの見解があり、何年も英語圏で生活する人でさえ迷ってしまうようです。

それぞれがそれぞれの解釈によって、言葉が生み出されるようです。

先の日本語での表現のニュアンスが異なるように、英語でも表現は微妙なところがあるようですね。

【スポンサードリンク】

天然という性格を英語で?

天然という性格、英語で一言で言えるほど、簡単ではなさそうですね。

そもそも、性格ということ自体が色々な要素が複雑に絡み合い、できているものです。

その性格を表す「英語」、今回は「天然」を取り上げてみました。

よく使う言葉の割に、表現するとなるとなかなか大変なものです。

時々、そのかけ離れた発想から周りを驚かせ、世間知らずと思われることがあったり、毎日アクセク生きているイメージもない「天然」と呼ばれるみなさん。

ご本人は、周りからそんな風に思われていることさえ気付かずに、毎日楽しく過ごされていますね。

その空気感が時には、場を和ませたり、時には緊張も和らげてくれる事が少なくないのではないでしょうか?

あえて、そのように見せているみなさんもいらっしゃるかもしれませんね。

女性であれ、男性であれ、その場その場で楽しい輪が広がるきっかけ作りの中心は性格が「天然」と言われる方かも?!

なぜなら・・・
英語で表現すると、「natural」=あるがままという意味合いも持っているので、その素朴さが自然と笑顔を誘うでしょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ