個人で出来る5つのテロ対策!日本で出来ることってあるの?

個人で、出来るテロ対策ってどんなことがあるのでしょうか?

そもそも日本でテロ対策なんてできるものなのでしょうか?

それも日本で個人のテロ対策なんて可能なのでしょうか?

日本で、個人で行うテロ対策とても知りたいところです。

各々個人でテロに備えられたら良いですよね。

日常生活(日本)で出来るテロ対策について知りたいところです。

そこで今回は『個人で出来る5つのテロ対策!日本で出来ることってあるの?』と題して大公開いたします。

【スポンサードリンク】

日本国内のテロ対策について

現在の世界では9.11以降頻繁にテロ活動が発生しており、少しずつ世界は危険な状態になりつつあり、世界各地でテロへの対策が行われています。

日本はあまりテロの脅威にあう危険性は比較的に低かったのでテロ対策などがあまり行っておりませんでしたが、約2014年?2015年の頃にある2人のジャーナリストがISISテロにより殺害され、そして日本へとテロリストが脅迫メッセージが送られてくるなど急激にテロの脅威にさらされ、危険な状態になりました。

現在の日本では個人でテロから身を守る対策が難しく、まだ個人では安全を確保することが難しいです。
このままですと個人では身の安全を確保することができず、危険な事態になってしまいます。
また現在の日本ではテロ対策が全く行っておらず、テロから襲撃を受けるなどの緊急事態になると国民一人一人の個人を守ることができませんので、非常に危険です。

ですので、今回は日本のテロ対策や個人でテロから身を守る対策について紹介します。

個人で出来る5つのテロ対策ー海外編ー

現在の世界では海外へと旅行に行ったり仕事で海外へと行くということはテロの被害に遭遇する可能性が高く、対策をとらないと危険なので個人でもできる対策をとるべきです。

ですので、海外で個人でできるテロ対策について紹介します。

  • 1.旅行先の危険性を調べる
    まず、最初は旅行先の危険性を調べることが必要で、旅行先の危険性を調べるには外務省が公開している「海外安全ホームページ」を使うことをオススメします。外務省が公開している「海外安全ホームページ」では、世界中のあらゆる地域の治安や危険度、注意点などの情報が公開されており、国1つ1つにレベル1~4で公表されているのでとても見やすくわかりやすいです。
  • 2.外務省の「たびレジ」に登録してする
    また外務省が提供しているサービスに「たびレジ」があり、海外へと旅行するときには必ず利用するおくべきです。旅行中にたびレジに登録した連絡先に緊急時の情報を受け取れるというものです。非常事態で一番重要なのは、素早く正確な情報ですので、無料サービスですので海外へ旅行するときには登録しておくべきです。
  • 3.大使館や領事館の位置をチェック
    いざテロの被害が旅行先で発生したら大使館や領事館へと尋ねることをオススメします。
  • 4.駅や空港、地下鉄に長居をしない
    ロシアの空港自爆テロやロンドンの地下鉄テロなど、外国人観光客を含めた多くの人々が集まる空港や駅はテロのターゲットとして選ばれやすい傾向にあるので、駅や空港や地下鉄などには長居しないほうが良いです。
  • 5.ガラスの多い建物を避ける
    爆破テロや自爆テロが発生した場合、爆発や爆破の衝撃はもちろん、爆破により割れたガラスに注意する必要があります。

割れた瞬間にガラスは凶器になってしまうので、避けるのは難しいです。

ですので、ガラスの多い建物に入るときはなるべく長居しないようにしてください。

以上が海外で個人でも対策できるテロ対策です。

【スポンサードリンク】

日常生活(日本)で出来るテロ対策

現在の日本はもう安全なところでは無くなりつつあるので日常生活でもテロ対策ができる方法を紹介します。

  • 1.近隣に不審な住宅がいたら気をつける
    テロリストや犯人と思われる住人や人物たちのいた住宅には「笑顔を見せたことがない」「家具がまったくない」「複数の人物が出入りしていた」などの特徴があると言われており、もしそのような不審な住人がいましたら警察に相談するべきです。
  • 2.公共の場所での不審者
    異様な雰囲気をしたグループなどには注意が必要で、特に自爆テロは危険です。自爆テロを企んでいるテロリストは、“シャヒド・ベルト”と呼ばれる爆発物を固定した太いベルトを腹部や大腿部に装着しており、その影響でシャヒドベルトを隠すために夏場などでは厚着でをしたり、ぎこちない動きをするなど、怪しい動きをしますので、もしそのような人を見かけたら注意が必要です。
  • 3.人ごみや外国人が多い場所を避ける
    不特定多数の人が多く集まる施設や場所、娯楽施設、集会等は、一度に多数の犠牲者が発生する可能性が高いため、破壊目的行為として標的となることが多いです。ですので、人ごみや外国人が多く集まるところはできるだけ避けるようにしてください。

以上が主な日常生活でできるテロ対策です。

まとめ

まとめとしては現在の日本はテロへの対策があまり整っていませんので非常事態になると非常に危険です。

ですので、もしもの時に備えて個人でもできるテロからの対策を立てて身を守るようにするべきです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ