地方のアナウンサーになるには、学部や顔は関係ある?

地方局のアナウンサーを目指している方。結構多いですね。

地方のアナウンサーになるにはどうすればいいのか?

地方を希望するのは、中央よりも入りやすいと思っている方もいますが、そうでもなさそうです。

アナウンサー自体、人気の職業ですからやはり地方でも倍率は相当なもののようです。地方局だからといって地元出身者がかならずしもなれるとは限らないようです。

やっぱり顔とか容姿で決まるのか?これも知りたいところです。

アナウンサーは局の顔でもありますからね。アナウンサーになるには「実力でしょ?」と思いたいですが、それも調べてみましょう。

実際、アナウンサーに必要なのは「実力」か「顔」か「容姿」か「学部」か・・・気になります。どの学部を出ればなれるのか?これも知りたいです。

現役アナウンサーを調べてみますと大学の学部はまちまちです。大学にアナウンサーの専門学部があるのかどうか・・・そんな学部聞いたことがない、では顔もやはり関係してくるのか『地方のアナウンサーになるには、学部や顔は関係ある?』こちらも調べましょう。

【スポンサードリンク】

地方のアナウンサーになるには顔や容姿は関係あるの?

これは、地方に限らずアナウンスのセンスもですが、身のこなしとか、髪型や服装なども試験の時にはチェックされるようです。

最初から地方のアナウンサーを希望するというより、中央はもとより全国行脚をするぐらいの勢いでみなさん、試験を受けているようです。
中央とは簡単に云えば、主要テレビ局(日テレ系フジテレビ系等キー局とも呼ばれます)のことをいいます。

テレビを観ていると、綺麗な女性や端正な男性アナウンサーが目立ちますよね。
(顔で選んでるんじゃないの?)と、思いたくなるのも本音です。

しかし、地方局に問い合わせてみると「顔や容姿は重視していない」との回答でした。「容姿は優れているに越したことはありませんが、知性、教養も加味して判断されます」本当かな?
それよりもやはり、個性や一般常識などごく当たり前ですが、社会人としての意識の高さが重要な要素のようですね。雰囲気も大事みたいです。しっかり見られる様ですよ。

しかしそれは建前であって、在学中大学のミスコン入賞者だったりという人もいますよね。

地方のアナウンサーになるにはどんな学部を出ればいいの?

結論から言いますと、関係ないです。大学の学部は関係がないです。
事実、現役のアナウンサーの大学の学部については一貫性がないです。

むしろ、地方局のアナウンサーにみられる傾向としては

地元高校卒業有名中央大学卒業地方局入社

しかも、これは稀でありキー局を落ちてしまった人が地方に流れてくることは往々にしてあるようです。

学部より大学卒業後、テレビ局が運営するアナウンサースクール(略してアナスク)に通うのが良いようです。

アナスクは地方にもあります。アナウンサーを目指して全国行脚が当たり前になっている現実を知ると益々、狭き門のように感じられますが、実際そのようです。
倍率はキー局も含めて100倍~500倍ともいわれています。

いきなり、地方のアナウンサーを目指すよりも地方局のレポーターなどで採用されるほうが現実的ですね。

【スポンサードリンク】

調べていくうちに、有名大学以外に「強力なコネ」も見逃せないことが判ってきました。ある程度のルックスはもちろん、名家の肩書や優秀な身内がいるとか。

アナスクも「変な癖がつく」と敬遠する局もあるようですが、基礎が身につくのでアナスクに入校したいならその方がいいと思います。

「女性アナウンサー」が「女子アナ」と呼ばれるようになったのはいつからでしょうか?
地元愛に溢れ、地元に根付いたアナウンサーの仕事がしたくても、現役の地方局アナウンサーの出身が全くの他県であったりなどということも多いようです。

最後に

地方のアナウンサーで欠員が出ても新人が枠に入るのは難しそうです。局の中でレポーターをしていた人などが充てられるようです。

いきなり「アナウンサー」よりも、ここは地方局のレポーター」を狙った戦術が早く夢に近づけそうですね!地方局同士が連携をしているところもあるようです
例えば「東北のA局に試験を受けに行ったとき、東北のB局に見初められてA局は落ちたけれど、B局で仕事をしている」などということもあるようです。

ちなみに、先ほど書いた
「地元高校卒業➡有名中央大学卒業➡地方局入社」の回り道は
方言も喋れるけど、標準語も喋れるよ」と言いたいがためのモノのようです。

地元に根差して地元に貢献して地元に愛され地元を愛す。夢を夢で終わらせないために、頑張っていきましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございます。これからもみなさんの身近な疑問にお答え出来るように勉強していきます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ