1年は何週間?何秒かも秒換算してみた。

毎年だんだん時間が過ぎるのが早くないですか?

365日の秒換算をしてみたいですよね。

1年って何週間で、全体で何秒ぐらいあるのでしょうか?

1年の秒換算って、何秒と何週間で、どのような計算になるのでしょうか?

1年を秒換算すると、生活は変わるものなのでしょうか?

何週間から変わって何秒で生活が変わるものなのでしょうか?

1年の秒換算を知りたいところです。

何週間と何秒か計算してみたいものです。

そこで今回は『1年は何週間?何秒かも秒換算してみた。』と題して公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

1年は何週間?

1年は52週間です。

うるう年を入れると、53週間54週間になります。

一週間が日曜日から土曜日まで7日なので、これをそのまま計算すれば数値は出せます。

1月や2月の、ひと月の日数の違いがあるものを含めると数値は変わります。

1年を52週間であれば、26週間を今年の前期で26週間以降が今年の後期と言えます。

52週間と考えると、13週間が4回ですので、1年間は4クールと考えられますから、四季は13週間が4つということになります。
1年を52週間とする考え方は、目標達成の手帳術などにも、よく啓蒙されている考え方で、1年のうちに52回、目標から逆算した今の状態を52回チェックできます。

つまり1年は52週間しかないので、1年で結果を出したければ52回に細分化してチェックすれば良いということになります。

今日は、52分の1、52分の2、52分の3・・・と計算していけば良いということになります。

【スポンサードリンク】

何秒かも秒換算してみた

1年を365日なので、31536000秒です。

1時間は、3600秒、1日は86400秒、1か月は、2592000秒、1年は31536000秒ということになります。

つまり1分が60秒になり、1時間が3600秒12時間で143200秒となり、24時間が86400秒、それで1週間が604800秒、1ヶ月になると2592000秒6か月になると15552000秒12か月つまり1年で31536000秒なのです。

大人になると1年が早くなるという説がありますが、時間的には変わっていません。

どうやら秒数と体内時計の時間に違いがあるようです。

子供の1年と、大人の1年が違うのは、1年の秒数の違いは関係なく、大人の心拍数と子供の心拍数が違うからということになるのです。

しかし体内時計の時間の違いで、時間の速度を変えることができるので、1年の時間の長さを変えることもできるようです。

1年の時間の長さの説としては、秒数が変わるのではなく、定説として、ジャネーの法則が有名です。

これは、人が感じる時間の長さは時間の秒数が変化するのではなく、年齢の数に比例するというものです。

他の定説としては、経験の処理速度の時間感覚になり、これは経験が少ないことをすると、まったく知らないことなので秒数は変わりませんが感覚時間が長く感じるというもので、今までに経験のない、新鮮な感覚であればあるほど短く感じるというものです。

そして 心拍の法則というものもあり、これが心拍数により時間の秒数が長く感じたり遅く感じたりするもので、子供と大人の時間感覚の違いは秒数が違いで、時間感覚が違うのではなく、心拍数の違いで秒数が違うように感じて時間感覚が変わるのではないかという説です。

インプットの量による時間感覚の違いもあり、これは記憶している量により時間の感覚が変わるというもので、これも秒数は関係なく、この理論を肯定すると、勉強などインプットが少ないと時間が短くなり、勉強を多くする幼少時は時間感覚が長くなるという説になります。

まとめ

秒換算をすると1年というのは本当に短いと感じました。
私も今年も目標設定を再調整してみたいと思います。
それでは、また新しい情報が入り次第、大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ