血液型健康法のA型の食事(食べ物)ってどんなの?

今話題の『血液型健康法』をご存知でしょうか?
人間の血液型には、A・B・O・ABの4種類があることは周知の事実です。
そしてその血液型によって性格も違うというのもよく言われている話です。
しかしそれだけではなく、さらに血液型によって、適した食事や運動法なども違うと言うのです!

血液型別で、適した食事や運動法が分かれば、より効率がよく効果的にダイエットが出来たり、健康が維持出来るというのです!
これは興味深いですよね。

血液型健康法すごく興味ありますよね。

特にA型の食事(食べ物)について。

血液型健康法のA型について、食事(食べ物)について教えてほしいですよね。

血液型健康法のA型ってどんな食事(食べ物)なんでしょうか?

そこで今回は、『血液型健康法のA型の食事(食べ物)ってどんなの?』と題して、A型に合った食べ物を調べてみました。

【スポンサードリンク】

血液型健康法とは

血液型健康法とは、1990年代にアメリカの自然療法医ピーター・J・ダダモ博士が考案した健康法で、「血液型によってかかりやすい病気や摂るべき食事・運動が違う」と提唱しています。

ダダモ博士は、肥満の原因となるストレスホルモンのコルチゾールの量や食材に含まれるたんぱく質のレクチンの相性が血液型によって違うことに注目し、血液型ダイエットを考案しました。

血液型によって祖先(ルーツ)が違い、その遺伝的特徴がそれぞれ異なった体質を形成していることに着目した健康法ということで、上手に取り入れれば効率のよいダイエットが可能であると言えます。

【スポンサードリンク】

A型の食事(食べ物)健康法

A型は、日本人に一番多い血液型であり、そのルーツは農耕民族です。
そのため、大豆や穀物、ほうれん草やブロッコリーなどの野菜類が体質的に適しています。
サンマやいわし、サバ、鮭などの脂ののった魚も大丈夫です。
他に、くるみやピーナッツ等のナッツ類、いちごやブルーベリーなどのベリー類をバランスよく摂るとよいでしょう。

胃酸の分泌が弱いとされているので、肉類は消化の際胃腸の負担になり、また脂肪分が蓄積しやすいためA型にはNGです。
乳製品、小麦食品は代謝が悪くなるのでおすすめできません。
マンゴー、パパイヤ、バナナ、ココナッツ等のトロピカルフルーツも体質的に合いません。

つまりA型には、玄米や雑穀米、お味噌汁、焼き魚、ほうれん草のお浸し、きんぴらごぼう、冷奴、納豆などの、昔ながらの「和食」が体質的に合うのです!

  • ・A型に合う食べ物
    緑黄色野菜、にんにく、タマネギ、生姜、大豆製品、鮭、サンマ、イワシ、ベリー類
  • ・A型に合わない食べ物
    赤身肉、乳製品、小麦製品、キャベツ、ナス、シイタケ、うなぎ、エビ、イカ、ホタテ、バナナなどのトロピカルフルーツ、コーン油

また、運動はストレッチやヨガなど、時間をかけてゆっくり体をほぐしあたためるような運動が向いています。

まとめ

A型のルーツは農耕民族のため、A型には昔ながらの和食が体質に合うことが分かりました。
味噌や醤油、豆腐や納豆など、日本人には馴染み深い味ばかりなので、無理なくダイエットに取り入れられそうです。

また、肉類はNGですが、鮭やサンマ、イワシ、サバなど脂ののった魚はOKなので、ヘルシー過ぎて物足りないという方は、鮭などの魚を積極的に食べるようにしてみると満足感が得られると思います。

A型は、和食中心の生活にすることが、健康を維持し効果的に痩せられる近道と言えそうです。

関連記事はこちら

血液型健康法のB型の食事(食べ物)ってどんなの?

低血圧の数値、危険値と正常値はどれくらい?年齢別で検証!

注射後の内出血を早く治す方法とは?痛い場合や緩和する方法はある?

血液型健康法のO型の食事(食べ物)ってどんな食べ物?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ