チロルチョコ クロワッサン味がローソンで発売、そのカロリーはどれくらいなの?

ローソンなどのコンビニで売ってるチロルチョコとても美味しいですよねカロリーが気になるところです。

あんな小さいチロルチョコってカロリーどのくらいなのでしょうか?

あのチロルチョコにローソンからクロワッサン味が出たそうですね。

チロルチョコクロワッサン味、ローソンで独占発売って何なんでしょうか?

ローソンで売られているクロワッサン味のカロリー気になるところです。

クロワッサン味とても高カロリーぽいですね。

ローソンで販売とは気になるところです。

そこで今回は『チロルチョコ クロワッサン味がローソンで発売、そのカロリーはどれくらいなの?』と題しまして徹底検証してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

チロルチョコって何?

チロルチョコは日本でロングセラーとなっているチョコレート駄菓子で、チロルチョコを販売している企業はチロルチョコ株式会社である。

チロルチョコは松尾製菓2代目社長の松尾喜宣によって考案されたもので、チロルチョコの「チロル」の名は、松尾がチョコレートを作るにあたって訪れたオーストリアのチロルから採られたもので、美しく雄大な大自然のチロルの爽やかなイメージからチロルチョコと名付けられ、約1962年に10円で販売されました。

なぜチロルチョコは30円なのかというと、
まず、チロルチョコを販売する前はキャラメルのバラ売りから始まりました。

チロルチョコを考案した松尾は、最初は貧しい子供たちにもお菓子を食べさせたいという思いからキャラメルのバラ売りを始め、これが大ヒットしました。

これをきっかけに、1960年代当時高級だったチョコレートも子供たちが買える値段で販売することを考えた。

このため、作る前からチロルチョコの販売価格を10円と決めていたが、原材料すべてチョコレートにすると原料費が15円以上もかかるため、チョコの中にヌガー(コーヒーヌガー)を入れることでコストを下げ、10円で販売できるチロルチョコを完成させることに成功しました。

これが1962年に発売された元祖チロルチョコで、最初は三つの山がつながっていたチロルチョコで、現在でも復刻版で販売されています。

しかし、オイルショックの影響でコストが上昇してしまい、10円から20円30円と値上げをした結果、売り上げは激減してしまいました。

このため、1979年には1個30円の三つ山チョコを山一つ分に近い小粒サイズに分け、1個10円での販売に改めることができ、「10円あったらチロルチョコ」というキャッチフレーズでチロルチョコに再びブームが流れました。

その結果、現在でもチロルチョコの値段は30円なのです。

現在のチロルチョコで大人気なチロルチョコは2003年に発売された「きなこもち」のチロルチョコで、
きなこもちのチロルチョコは最初は「冬のバラエティパック」に封入されていたアソート商品の1つだったのですが、コンビニのバイヤーから好反応を得られてそれをきっかけに単品発売したところ、テレビで幾度も取り上げられたり、口コミで広まった相乗効果もあって、5か月間で約1700万個を売り上げる大ヒット商品となりました。

以降、きなこもちのチロルチョコは秋冬の限定商品として毎年店頭に並ぶ定番人気商品になっており、現在でも販売されています。

【スポンサードリンク】

チロルチョコクロワッサン味がローソンで発売

2016年の6月17日にローソンで先行販売される新商品のチロルチョコがあり、チロルチョコクロワッサン味というチロルチョコが発売されます。
このクロワッサン味のチロルチョコの特徴はその名の通り、クロワッサン風のチロルチョコでクロワッサンの特徴でもある食感をチョコ内部に入っているパイとビスケットで見事に再現されており人気の高いチロルチョコになっています。

チロルチョコクロワッサン味のカロリーは?

ローソンで先行販売されるクロワッサン味のチロルチョコなのですが気になるカロリーは
エネルギー:45kcal
たんぱく質:0.5g
脂質:2.6g
炭水化物:5.0g
ナトリウム:14mg

クロワッサン味のチロルチョコの標準値やカロリーは上記の通り45kcalです。

最後に

まとめとしては、チロルチョコは最初はキャラメルのバラ売りから始まり、貧しい子供たちのために販売されたものがチロルチョコです。
また、クロワッサン味のチロルチョコはローソンで先行販売されておりますがこのチロルチョコは再現度が高く、とてもおいしいと人気なので1度買ってみてはいかがですか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ