たこの茹で方!柔らかく美味しく茹でるコツは重曹!茹で時間の目安は?人気のたこレシピも紹介!

柔らかいけれども噛み応えのあると言った独特の歯ごたえと淡白ながら甘みのある味が美味しく人気のたこ… お寿司やお刺身の定番ですね。

お店などで売られているたこは、サクでも刺身でも茹でたこが殆んどなので、たこを茹でるという経験をした人は少ないのではないでしょうか?

しかし最近では流通が進歩したためか、スーパーでも生たこの脚やお刺身用の薄切りを見かける様になって来ました。
生たこの脚はそのまま薄造りにしてお刺身としても美味しく食べる事ができますが、自分で柔らかく茹でる事でも美味しく食べる事ができます。

ワザワザ生のたこを買って来たのに茹出てしまうのであれば、最初からお刺身用の茹でたこを買って来れば良いのでは?と思ったりしていませんか?

そんな事はありません!同じ茹でたこでも、茹でたてを冷ましてお刺身にしたものは味も歯応えも別のものと言っても良いほど違うのです!

確かにたこを家で柔らかく茹でるためには、茹で方も時間や手間がかかり大変です。しかししっかりした茹で方で柔らかく茹でる事ができれば、「美味しいたこが食べられる」というご褒美が待っていて、茹で方に手間や時間をかけただけの事はあると思うに違いありません。

たこを柔らかく茹でる茹で方としては、昔から大根で叩いてから茹でたり大根と一緒に茹でたりする茹で方が一般的でした。しかし最近では炭酸水や重曹を使う、冷凍するなど色々な茹で方が紹介されています。確かに炭酸水や重曹は肉を柔らかくするために使われていますが、たこを柔らかくするためにも炭酸水や重曹は有効な方法なのでしょうか?

また重曹を使った茹で方では、茹で時間はどの程度の時間茹でれば良いのでしょうか?

おでんの具にたこというレシピもありますが、たこと言うと醤油とわさびでお刺身。

という事が人気NO1レシピと言えるでしょう。

しかしたこは他の国でも食べられているので、その国ごとに人気のレシピがあるはずです。
その中に日本人が美味しく感じるレシピや人気が出そうなレシピはないのでしょうか?

そこで今回は『たこの茹で方!柔らかく美味しく茹でるコツは重曹!茹で時間の目安は?人気のたこレシピも紹介!』について紹介します。

【スポンサードリンク】

生たこを茹でる前にする事は?

生のたこを扱うに当たって、先ずいくつか下処理を行う必要があります。

一つ目は、生たこを買って来た時に生たこの脚を買って来た時には問題ありませんが、生のたこ一杯で買って来た時には、内臓の処理(そうじ)をしなければいけません。

内臓をそうじするには、先ずはじめに目と口(脚の付け根にある黒くて硬いくちばしの様な物)を包丁で取り除きます。

目と口を取り除いたら、お腹(俗に頭と呼ばれている部分)をひっくり返し、墨袋(黒い袋状の部分)を傷つけない様に注意して取り除きます。

墨袋を取り除いたら内臓を丁寧に取り除き流水で洗い流します。

二つ目は一杯でも脚だけのものでも同様に行う事ですが、たこのヌメリを取り除きます。

生たこの表面はヌルヌルとしたヌメリがあります。このヌメリを落とすために塩で揉み洗いします。

塩で揉んでいると表面が泡立った様になりますので、その状態を目安にして15分〜20分ほど全体を良くもみ洗いしますが、この時、吸盤の中は雑菌や汚れがあるので特に念入りに洗ってください。

 

揉み洗いが済んだら水でよく洗い落とします。

たこの下処理としてのヌメリ鳥には、塩の代わりに米糠を使う事もできます。

【スポンサードリンク】

たこの茹で方は?

塩で揉み洗いが済んだらいよいよ茹でて行きます。

沸騰したお湯に塩を加えて脚からお湯に入れて行きます。この時脚がキレイに丸まる様に、たこを上下させながらゆっくりとお湯に入れて行きます。

脚がキレイに丸まったら、たこ全体がお湯に浸かる様に入れ3〜5分ほど茹でて行きます。生に近い柔らかいたこに仕上げるのであれば30〜40秒であげてもOKです。

たこが茹で上がったら、表面を流水で軽く洗います。

以上が、たこの基本の茹で方となります。

茹でている最後にはたこ全体がお湯に浸かっていなければならないので、できるだけ深い鍋に多めの水を入れて茹でたください。

手軽にたこを柔らかく茹でるには

基本の茹で方にチョッと一工夫する事で、より手軽で確実性が高くたこを茹でる事ができます。

たこを柔らかく茹でる方法は…

  • 大根で叩いて茹でる
    下処理が終わってヌメリの取れたたこを、皮を剥いた大根で軽く叩きます。叩く事でたこの繊維が壊れ、さらに大根に含まれるジアスターゼという酵素によりたこが柔らかくなります。

    たこを叩くのに使った大根は、たこを柔らかく茹で上げる事ができるので、料理に使わない様であれば茹でる時にお湯に入れてください。

  • 小豆と一緒に茹でるたこを茹でる時に小豆を一緒に入れます。小豆と一緒茹でるとたこが柔らかくなるだけではなく、色鮮やかになります。
    冷凍してから調理する

    たこを一旦急速冷凍して解凍してから調理します。

    たこを一旦冷凍するとヌメリがなくなるので、ヌメリの処理をする手間が省けます。ただし吸盤の汚れは残ったままなので、吸盤は塩などで
    よく洗ってください。

  • 茹でる時に重曹を使う
    たこを茹でる時に小さじ1〜2杯の重曹を入れます。
    重曹を入れる事で重曹がたこのたんぱく質を分解するので、たこが柔らかく茹で上がります。

たこのオススメレシピ

タコにはたんぱく質が多く含まれ、高栄養•低カロリーな食べ物です。

主な栄養としては脂質や糖質の代謝や成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生を促進する効果がある「発育のビタミン」と言われるビタミンB2、コレステロール値を下げるタウリンが多く含まれています。

ビタミンB2は加熱によって損なわれるので、より効率よく摂るためにはお刺身がオススメです。

この様にたこはダイエット効果も期待できるので、できれば積極的に食べたいですね?
たこはいつもお刺身やお寿司だけ…という人のために、手軽で美味しいたこのレシピをご紹介します。

日本と同様にたこを良く食べる国にスペインがあります。ここでは手軽にできるスペイン料理のレシピを3品ご紹介しましょう。

たこのガリシア風
オリーブオイル 大さじ1
パプリカ(パウダー)
ニンニク 1片
塩•白胡椒 適宜

スペインのガリシア地方に伝わるスペイン版たこのお刺身です。

  • 1. ニンニクを半分に切り切り口をお皿に擦りつけ匂いを付けます。
  • 2. 1.のお皿にスライスしたたこを並べ、塩•胡椒しパプリカを散らします。
  • 3. 2.のタコにオリーブオイルをまわしかけます。

ボウルにオリーブ、パプリカ、塩•胡椒を入れ、たこを入れて混ぜ合わせてからお皿に並べる方法もあります。

たこバナナ
バナナ 3本
玉ねぎ 1/4個
パプリカ 大さじ1
タバスコ 小さじ1
砂糖 大さじ1
オリーブオイル 50㏄
ワインビネガー 70㏄
水 30cc
ニンニク 1片
ギリシャヨーグルト 250g

  • 1. 上の材料を全てミキサーにかけ、ソースに仕上げる
  • 2. 出来上がったソースでたこを和える

たこのトマト煮
たこ(乱切り) 120g
水煮トマト(漉しておく) 200cc
鷹の爪(種を除く) 1本
ニンニク(みじん切り) 2片
玉ねぎ(みじん切り) 1/4
ローリエ 1枚
オリーブ(種を抜きあらみじん) 20〜25個
塩•胡椒 適宜
重曹 1g

  • 1. 鍋にニンニク、鷹の爪、オーリブオイルを入れ、オイルに香りを移す。
    (鷹の爪は色付いたら取り除く)
  • 2. 玉ねぎをシンナリするまで炒める。
  • 3. たこを加えて軽く炒める。
  • 4. 水煮トマトを入れ沸騰させる。
  • 5. ローリエ、オリーブ、重曹を加え20〜30分煮込む

以上となります。
美味しいだけでなく栄養も豊富なたこは、茹でたこを刺身で食べる様な時でも、生たこを茹でて冷ましてから食べた方が良いので試してみてください。

まとめ

たこを茹でる時に重曹を使うと、重曹の持つたんぱく質を分解する働きがたこのたんぱく質を分解し、たこを柔らかく茹で上げる事ができます。

重曹がない場合には、炭酸水でも同じ効果が得られますので試してください。

また「たこを食べる国は少ない」と思われている人も多いと思いますが、たこはアジアやヨーロッパのラテンエリアの国々など意外に多くの国で食べられています。

【スポンサードリンク】

従ってたこを美味しく食べるレシピは、和食に限らず色々とありますので参考にしてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年3月19日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:食べ物 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ