自転車の片耳イヤホンは違反なの? 東京,埼玉,大阪での違いを調べてみた。

通勤の自転車なんかで片耳をイヤホン入れて運転してたら東京や埼玉や大阪なんかでは違反なんでしょうか?

自転車で走りながらスマホを使うのは東京・埼玉・大阪では違反なんでしょけれども片耳イヤホンはどうなんでしょうか?

なぜ自転車で片耳イヤホンが違反になるのか東京・埼玉・大阪で調べてもらいたいものです。

自転車での片耳イヤホンを違反で捕まったら東京・埼玉・大阪ではどうなるのでしょうか知りたいものです。

そこで今回は『自転車の片耳イヤホンは違反なの? 東京,埼玉,大阪での違いを調べてみた。』と題して大公開してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

自転車の片耳イヤホンは違反なの?

2015年6月の道路交通法改正から、自転車の道路交通法が変わり、一時停止や、ながら運転が規制の対象になり違反が強化されました。

違反の常習犯は講習を受けることにもなり、この講習料金は、5700円ということになり、イヤホンで音楽を聞いたりして運転したときは、これは改正した交通法では、安全運転義務違反となりますので、とうぜん自転車の運転中にイヤホンの使用は、取り締まりの対象になり、そして、これらの正確なルールは公開されていません。

両耳は確かに聞こえませんが、片耳はどうなのかという疑問もありますが、片耳のイヤホンは危険ともいえるので、片耳イヤホンだけでも、続々と摘発されています。

スマホの音声ナビなどは、イヤホンが使えないのであれば、まったく意味なくなりますが、これはしょうがないといえるでしょう。

これらはシートベルトの取り締まりとまったく同じになるので、イヤホンをしたということは、自動車でシートベルしてないのと同じということで、シートベルト着用が義務になったのと同じく、自転車はイヤホンを禁止が義務にされたということになります。

【スポンサードリンク】

東京,埼玉,大阪での違い

地方によっては、このイヤホン使用による自転車運転の規制が違うところがありますので、東京と埼玉、大阪で違うことが分かります。

ですので東京で摘発されることが、埼玉ではセーフだったり大阪ではアウトだったりします。

どうやら調べてみると自転車運転の取り締まり基準が大阪と東京と埼玉では違いがあるようよです。

しかし東京・大阪・埼玉の共通の基準としては、安全な運転に必要な音声が聞こえる状態にすること、という曖昧な表現のためこのような状態になっているといえるので、これで大阪や東京、埼玉の各警察署のページを確認することにより、各地方の取り締まりの違いが分かります。

2015年の大阪府の自転車摘発1449件で、自転車の絡んだ事故が発生件数では全国ワースト1になっていて、これは東京都の3718件を上回りワースト1になります。

大阪府警察は自転車の自己が多発することから、平成27年に自転車の対策室を設置して片耳イヤホンを摘発するようで、担当の方々は、取り締まりを強化したいと述べていて、全国ワースト1の危険行為摘発ができたと述べ、そしてベスト1位の摘発数が少ない都道府県は、福井の摘発0件で、秋田、富山、岐阜、徳島、長崎がそれぞれ一件ということになっています。

まとめ

東京・大阪・埼玉の警察署のホームページで取り締まりが確認できるとは知りませんでした。

とても勉強になりましたので、これを参考にして、片耳イヤホンに気をつけてスマホを使おうと思います。

これで、片耳イヤホンは地域によって違うことが分かりました。

地元の取り締まりもホームページで確認してみようと思いました。
どうもありがとうございました。
どこで片耳イヤホンが使えるかもっと調べてたいと思います。

また新たな情報が入り次第、大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ