とうもろこしの育て方、初心者の注意点とコツ

ビーガン料理の店って増えてますよね。そこで代表的なビーガン食材が、とうもろこしですよね。その、とうもろこしって自宅での育て方はあるのでしょうか。

注意点やコツなどあれば知りたいところです。注意点やコツを初心者が知ったとして、とうもろこしを自宅で育てて、食べれるほど育つものなのでしょうか。

そもそも、初心者用の、とうもろこしの育て方やコツ、注意点などあるのでしょうか。

育てても食べられなかったり料理に使えないような、とうもろこしを初心者がコツや注意点、育て方を知っても意味がないですよね。

農業のプロじゃない初心者でもできる育て方というものはあるのでしょうか。

そこで今回は、初心者にもできる、自宅で簡単『とうもろこしの育て方、初心者の注意点とコツ』を大公開いたします。

【スポンサードリンク】

とうもろこしの育て方

とうもろこしは、プランターなどで簡単に育てることができます。

なぜなら、土が乾いた荒地でも育っているからです。

かなり育てやすい野菜といえるでしょう。

ほとんど気をつける点は日当りの良好の場所を選ぶことぐらいと言って良いでしょう。

家庭菜園を始めるなら初心者用と思っても良いと言えるでしょう。

未経験でも、かなり簡単に育てることができます。

とうもろこしの植え方

それではまず、とうもろこしの植えかたからです。

とうもろこしは、根が深いので、土を深く掘って植えるようにしましょう。

プランターで育てるときは、ある程度の深さのあるプランターを利用するようにしましょう。

根が深いため深さのないプランターでは育ち辛いといえます。

とうもろしの土は、一般的に販売されている培養土を使うようにしてください。

食べられるほどの大きさに育てるには、間引きが必要です。

育ちが良いものだけ1本を残して、あとは間引くようにしましょう。

間引くときは、ハサミを使いましょう。

ハサミで間引かないで、手で引っ張って抜いてしまうと、残したいものまで根で繋がっているので傷つけることがあります。

とうもろこしは乾燥に弱いので、土が乾いたら水を与えるということが必要です。

土が乾燥したら、すぐ水を与えるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

初心者の注意点

初心者がやり勝ちな失敗は、やはり種まき時期を間違えることです。

種まき時期を間違えると本当に、育たなくなります。

種まき時期と収穫時期これだけは絶対に守りましょう。

通常の、とうもろこしであれば4月から5月が種まき時期です。

最大の間違いは、土が乾いていないのに水を過剰に与えると育ちが悪くなることです。

土は乾きすぎても、湿りすぎても良くありません。

できるだけ、数回に分けて水を与えるよりも、乾いたら一回の与える水の量を増やして、与えすぎないように気をつけましょう。

初心者がよく忘れてしまうのは、堆肥を与えることです。

この堆肥を与えるのを忘れると大きくは育ちません。

必ず堆肥を与えるようにしましょう。

あと初心者が忘れるのは、支柱です。

マンションなどで育てるとき、風を多量に受けたとき、支柱がないと、とうもろこしが育たなくなります。

まとめ

とうもろこしは、とても育てやすい野菜だということが、分かりましたね。

どんな料理にも使えてしまう、とうもろこしは万能の野菜と言って良いでしょう。

とうもろこしは高湿を好むので、とても育てやすい野菜です

そして、簡単に茹でて、すぐ食べられて、栄養も優れている、とうもろこし、皆さんも、たくさん植えて、たくさん育てて、たくさん食べてくださいね。

それではまた、次回をお楽しみ。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ