弁当雑学 食中毒を防ぐ作り置きレシピ

毎日のお弁当は、まとめて作り置きできるものがとても重宝します。

作り置きは冷凍も冷蔵も前日のものでも私達の強い味方、ささっとご飯を入れて作り置きのおかずをいれてみると、まるで手の込んだお弁当です。

あの開けるまでのワクワク感と、開けた瞬間のあのなんともいえない嬉しい感じは、いくつになっても子供の頃と変わらないのではないでしょうか。

ただ、気になるのが食中毒。そうでなくても特に夏場は、お昼まで持ち歩いて口に入るものなので、気を遣います。

朝、時間がないからといっても、きちんと見分けて、すぐに痛みそうなものは避ける必要もあるので注意したいものです。

また、あたたかいものと冷たいものが一緒になるお弁当箱の中では作り置きのおかずも考えないといけませんね。

お母さんや奥さまが作ってくれるお弁当ほど、あたたかい気持ちになり午後からのパワーの源になるものはありません。それが大切な絆を作るからこそ、また明日も大切な人のために愛情たっぷりお弁当を作るのです。

だからこそ、いつも安全に安心して食べれるものを用意したいですね

食中毒なんて考えたこともないかもしれませんが、どこにでもある菌が繁殖しないように注意しましょう!

ではどんなもモノを作り置きしておくといいのか『弁当雑学 食中毒を防ぐ作り置きレシピ』で紹介いしましょう。

【スポンサードリンク】

美味しくいただける作り置き弁当とは?!

毎日のお弁当のおかずを考えて、1週間分のレシピを考えてみるということもできそうです。

ハンバーグそぼろ肉巻きいんげんほうれん草きんぴらごぼうもお弁当には彩も添えてくれる1品です。

冷凍で保存できるものもあれば、冷蔵で保存するほうがいいものもあり、季節によっても作り置きできる種類も異なります

冷凍したおかずは、ちょっぴり煮込んで、ちょっぴり焼いて入れるだけだったり、そのまま入れておくと食べる頃には解凍できてる!なんてこともあります。
なので、忙しく時間のない朝のお弁当作りには最適です。

冷凍しても美味しく食べれるものは、ひじきの煮物かぼちゃのマリネ牛肉しぐれチキンカツなど。

冷蔵しても美味しいのは、春雨や麻婆豆腐ご飯もちらし寿司にして冷蔵庫に入れるとさっぱり!エビや枝豆入りもオススメです!

冷蔵だと前日作るおかずになりますが、冷凍はある程度まとめて作れるのも忙しい方にとっては便利です。

【スポンサードリンク】

真心が伝わるお弁当だから、ちょっとひと工夫

こんな風に考えると今までは億劫だった1週間のお弁当レシピもカンタンにできあがりそうですね。

1週間のレシピさえあれば、計画的におかずを作ることができてさらに冷凍や冷蔵のおかずを上手に組み合わせてみると、前日から作り置きしていたなんて、まるで想像つかないほどの出来栄えになります

真心が伝わるお弁当だから、ちょっとひと工夫。
ちょっとひと手間のその気持ちが、食べる時には嬉しいものです。

それがたとえ、冷たくなったご飯でも暖かくいただけるものなのです。

ちょっとひと工夫に冷凍や冷蔵を活用して、いつもの何倍もの愛情を届けてみてくださいね。

あなたのその優しい気持ちが、お弁当のおかずによって伝えられ、大切な人に届きます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ