Twitterの名前検索で身元がバレる原因は?解決策と対策をわかりやすく解説!

Twitterの名前を検索すると身元がバレるって知っていましたか?

原因は何でしょうか?解決策や対策などあるのでしょうか知りたいものです。

Twitterってどうして名前で検索してバレるのでしょうか?

どうしたら原因が分かって解決できるのでしょうか?

対策あれば知りたいものですよね。

どうしたらTwitterで名前を検索してバレるということを回避できるのでしょうか?

なんとか原因と解決策と対策を知りたいものです。

Twitterでの名前を検索したときバレるのを回避する方法ぜひ教えてください。

原因と解決策と対策も知りたいです。
そこで今回は『Twitterの名前検索で身元がバレる原因は?解決策と対策をわかりやすく解説!』と題して大効果いしてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

Twitterの名前検索で身元がバレる原因

名前検索をすると、Twitterであれば身元がバレますが、これはfacebookなどと違いIDがなくてもインターネットに情報公開されるからでもあり、Twitterだけでなく他の検索エンジンのgoogleなどでも名前を検索をすれば表示されます。

名前だけでなく、アカウント名でも、身元がバレますから偽名を使ってもアカウントが同一であれば、同一人物とみなして身元がバレます。

これを回避する方法がありますので、書いていきますと、まずTwitterに書いた情報は、すべて公開されていると理解することで、これは最近のSNSではクローズドが主流ですが、Twitterに関してはオープンな仕様だと理解することになります。

この理解ができてないと後々、回避することは不可能となりますので、まずしっかりこの仕様を理解することを念頭に置いてください。

【スポンサードリンク】

解決策と対策をわかりやすく解説

実際に解決策を公開してみると、これはもう公開設定を非公開にすることになり、非公開にすれば公開されないし、フォロワーだけに公開されるので検索結果に出てきません。

気をつけなくてはいけないのは、フォロワーさんだけに公開していたものを、フォロワーさんが更に公開してしまったら当然このツイートは公開されますので、リツイート不可ということを先にいっておくようにしましょう。

非公開設定にしても、今までのツイートは公開されたままなので、非公開したら、あまり公開したくない過去のツイートは削除するなりして消すように心がけましょう。

名前とID以外でもメールアドレスから検索されて、身元がバレるころもあるので、こちらの対策は、メールアドレスから検索を許可する設定をOFFにすることで可能となります。

それでも安全でないと判断するのであれば、ユーザー名を変更するというテクニックがあります。

これをすることで、名前とユーザー名とメールアドレスからの検索は不可能となり、ほぼ身元がバレることはないでしょう。

更にもっと高度なテクニックとしては、ユーザー名をまったく関係ない名前にして、自分の本名や、イニシャルなどから、ゼンゼンかけ離れた名前にすることによって、とても検索されても分からなくさせます。

そして、身元がバレる最大の危険を回避させる方法は、今どこに居るのかナウをやめる、個人名や建物名を書かないという対策をすると完璧でしょう。

まとめ

驚きました、いろいろな方法があるものなのですね。

とてもびっくりしました。

簡単な対策方法から、高度な対策方法まで、とても幅広いですね。
これなら、明日からでも実践できそうですよね。
いろいろ気をつけようと思います。

また新しい情報が入り次第、大公開したいと思います。

それではまた、よろしくお願いいたします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ