腕時計のベルトの長さを自分で調整する方法

腕時計のベルトの長さを自分で調整をしたことはありますか?

腕時計を購入した際に基本してもらっていると思います。

腕時計のベルトの長さの調整方法はなかなか厄介だと思うのですが、今はネットショップで購入したりする方も多いので、自分で腕時計のベルトの長さを切ったり調整される方も多いのではないでしょうか?

腕時計のベルトの長さの調整方法を自分で出来ればいいですね。

自分の手首回りの長さの測り方はどうやって?

腕時計のベルトを自分で調整する方法は?

簡単に自分で調整出来る方法があるというので『腕時計のベルトの長さを自分で調整する方法』を調べてみました。

【スポンサードリンク】

自分の腕回りの長さの測り方

腕時計のベルトの長さを調整する際、まず自分の腕回りをメジャーで測ってみましょう。

メジャーが無い場合、紙を細長くカットしてそれを手首にぐるっと巻き付けよいベルトの長さを測りましょう。

男性は腕時計がゆるすぎるとベルトのせで、シャツの袖口がボロボロになったりするようです。

一般的には、腕時計を装着した状態で片方の手の人差し指が第一関節まで入る程度と言われています。

女性はブレスレットのような感じが良ければ、お好みでよい長さに調整されて下さい。

腕時計のベルトを自分で調整する方法

腕時計のベルトの種類ですが、好みで革製を選ばれる方もおられますが多くはメタルベルトをよくみかけます。

今回はこのメタルベルトの調整方法を見ていきましょう。

腕時計のベルトでメタルベルトの多くはロックピン方式のバンド調整となります。

小さなネジのようにみえますが、実は先の割れたピンです。
そのピンが刺さっている状態です。

一般的な腕時計のメタルベルトのほとんどがロックピンタイプの調整方法となるようです。

慣れていない方はベルトに傷をつけてしまう可能性もありますので要注意してください。

工具があれば、簡単に調整ができます。

【スポンサードリンク】

【ロックピン方式ベルトの見分け方】

腕時計のベルト裏側に矢印が刻印されたコマを取り外す事ができます。
矢印のないコマは取り外しが出来ないようなので注意してください。

【ロックピンを矢印の方向へ抜く】

側面の穴に先の細いものをあてて、矢印の方向へ金槌などでたたき出します。
ピン抜き棒と名の専用工具があるので準備されると簡単です。
腕時計を固定できる台があれば大丈夫です。

【ロックピンを完全に抜く】

半分抜けると、反対側から手で引っ張り抜くことが出来ます。

【ロックピンをさし込む】

腕時計のベルトの必要な長さに調整し、コマを数個抜いたあとに反対の手順でピンをさしていきます。

注意:さす時は、抜くときと逆方向になります。

まとめ

いかがだったでしょう?
腕時計のベルトの長さの測り方・自分でベルトを調整する方法とすすめてきました。

今回は、男性の腕時計のベルトでもメタルベルトに関しての調整方法をご説明しましたが、方法とコツさえ分かれば腕時計のベルトの長さを自分で調整することが出来るようになります

ベルト調整中にうまくいかなくなった場合には、作業をやめてそのまま時計店へ持ち込みしてもらった方がよいでしょう。

その際は、コマやピン等をなくさないように注意してください。

傷をつけたくない場合は、最初からお店にお願いするか持ち込みで時計点にお願いした方がよいでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ