★ゆるいウエストの詰め方!ゴムのズボン、スカートの場合は?

【スポンサードリンク】

スカートやズボンなど、ウエストのゴムが古くなって緩んでしまったり、買ってきたものを履いてみたらウエストが緩かったなどといった経験ありませんか?

ウエストのゴムの部分を直せば、履けるけれど、スカートやズボンのゴムはどのように詰め方をすればよいのでしょうか?

ウエストのゴムの詰め方を知っておけば、スカートやズボンがゆるい時に使えますね。

そんな気になるスカートやズボンのウエストのゴムの詰め方についてクローズアップ!

今回は、『ゆるいウエストの詰め方!ゴムのズボン、スカートの場合は?』についてご紹介します。

ゴムを調整する際に必要な道具

太さの合った新しい「平ゴム」や、ミシンの縫い目をほどくのに便利な「リッパー」。

ゴムを通すのに使う「ゴム通し」または「大きめの安全ピン」。

ゴムを通している間にゴムの反対側の端が穴の中に入ってしまわないように留める「小さめの洗濯バサミ」など用意しておくとよいでしょう。

ウエストにゴム通しがない場合

ウエストにゴム通しがなく、交換できないのかなと思うタイプです。

そして、出来る限り生地は切りたくないので、縫い目を探します。

縫い目を発見したら、裏側の中央のステッチから見て上側のみほどきます。

ほどくと、中のゴムが見えてきますので、ここからゴムを通します。

ウエストのゴムの長さは実寸より若干短めが良いですが、実際に微調整しながら結ぶとよいでしょう。

縫い目がない場合、目立たない箇所をほどくとよいでしょう。

前や後ろはほどきやすいですが、ほどいた跡が目立ってしまうので、できれば脇近くの縫い目をほどきましょう。

糸が重なってほどきにくいときは、リッパーや糸切りハサミの先で糸を切りながらほどきます。

ゴムが取り替えやすいように、ゴムの太さより10~15mmほど多くほどくとよいでしょう。

ベルト通しがある場合

ズボンのベルトループに直付けできる「ベルトラーズ」というゴムベルトがあります。

【スポンサードリンク】

ウエストにゴム通しがある場合

ウエストにゴム通しがある場合、ぐるっと一周してるものなら、そのまま通して留めるのもよいでしょう。

ただ、たまに一部分だけゴムがないタイプがありますよね。

その際には、ボタンホールゴムやアジャスターゴムと呼ばれる、ボタンホールとボタンでウエストを調整できるゴムがあります。

成長やサイズ変化が激しいお子さんやマタニティの方のボトムにも使えます。

アジャスターゴムにボタンが添付されているものと、添付されていないものがありますが、別途ボタンを用意する際には、平たくて薄いボタンの方が体への当たりが少なくなります。

スカートのウエストがゆるい場合

裁縫でウエストサイズを調整する場合、縫う場所は両脇(左右)必要です。

ファスナー部分を縫い付けると、下のラインに響いてしまうので、サイドを縫うのがベストです。

調整の仕方は、両サイドを同じ分量でつまんで折りたたみます。

そうすると、つまんだ部分の布が余ってしまいますので、余った部分も同列で縫い付けましょう。

これを左右やっていけばOKです。

ポイントは、片方ずつ均等にシルエットが綺麗になるように同じ分量でつまむ事です。

ウエストの直しができない場合

まず、簡単な方法は、安全ピンを使う方法です。

左右のウエスト部分を少しずつ、つまんで安全ピンで止めます。

注意点すべき点は、体に刺さらないように慎重に止めることです。

そして、ウエスト部分をつまんだことで洋服のシルエットが崩れてバランスが悪くならないように、つまむ分量に気を付けましょう。

他にも、腹巻でウエスト周りを太くして、スカートがぶかぶかにならないようにしたり、タートルネックのセーターなど厚みのあるものを着てスカートの中に入れる方法もあります。

これらは、洋服のお直しをするのではなく、腹巻や厚手のトップスなどを着用することにより、ウエスト周りに厚みを持たせるので、切ったり縫ったりお裁縫が苦手で不器用な人でも気軽にチャレンジできる方法と言えるでしょう。

それ以外にも、サスペンダーでスカートやズボンなどのボトムスを吊ることも一つのやり方もあります。

これは、ジャケットを脱がない時やカーディガンなど羽織るコーディネートをした時に使える方法です。

サスペンダーが合わないコーディネートの時には、最初にご紹介したように、ブラウスの両脇などを安全ピンで留めるのも良いでしょう。

まとめ

今回は、スカートやズボンのウエストのゴムの詰め方についてご紹介しました。

スカートやズボンのウエストがゆるい場合でも、自分で簡単に直すことができます。

【スポンサードリンク】

ウエストがゆるくて困っている方、ぜひ自分で調整してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月28日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ