一人暮らしの家賃の目安(平均)は?給料が手取りいくらになる?

「一人暮らし」は、独身の人にとってはある意味憧れ。

でも実際気になるのは、家賃や生活費がどれくらいかかるか目安(平均)は?
給料の手取りからどれくらい出ていくのか気になりますね。

一人暮らしはしてみたいけれど、今の給料の手取りからどれくらいの家賃でやっていけるのか?

実際の一人暮らしを検証して、家賃の目安(平均)給料の手取りがいくらあれば一人暮らしができるのかを考えてみました。

目安(平均)を知っておくと色々と考えれますね。給料の手取りから家賃の目安(平均)を調べてみましょう。

一人暮らしをしたい人は『一人暮らしの家賃の目安(平均)は?給料が手取りいくらになる?』をぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

一人暮らしの家賃の目安(平均)はどれくらいなの?

一人暮らしの家賃の目安(平均)は、約65000円というのが相場のようです。

もちろん、首都圏に近い方が家賃は高くなりますので、実際にエリア毎に相場をみると、
首都圏70,000円
関西圏58,000円
東海圏54,000円
となり、首都圏の家賃の目安は平均より5,000円高くなります。

これが相場だとしても、少しでも家賃を抑えたい!と思うのは誰しも同じようです。

給料の手取り額がいくらなら一人暮らしができる?

いま給料の手取り金額で、一人暮らしができるのか?と不安な声も聞こえてきそうですね。

ではいくらの手取りがあれば可能か計算してみましょう!

家賃の相場は、収入の3分の1と言われています。

つまり、先ほどの平均家賃から計算すると…
首都圏/家賃70,000円→給与手取り210,000円
関西圏/家賃58,000円→給与手取り174,000円
東海圏/家賃54,000円→給与手取り162,000円

ということになります。

新入社員で新しく一人暮らしを始めるとき、また大学入学で一人暮らしを始めるときもワクワクの期待半分不安半分だと思いますが、この金額を目安に選ぶのがいいでしょう

学生さんは親の援助があるとしても、社会人になる方はそうはいきませんので、しっかりと計算してみましょう!

一人暮らしをするには、家賃の他に水道光熱費携帯などの通信費・食費・交際費・日用品など細かな出費も多いものです。

【スポンサードリンク】

家賃は抑えるコツ

一人暮らしの家賃、できれば少しでも抑えたいと思った方のために、コツをご紹介します。

  • 駅から少し離れた物件
  • 1駅離れる
  • 間取りにこだわらない
  • 築年数を見る
  • 引越しの時期

【駅から少し離れた物件】
駅から徒歩5分の物件と、徒歩20分の物件では家賃は異なる場合が多いです。

但し、帰りが夜遅い場合が多い方は帰り道などを確認して慎重に選びましょう!

【1駅離れる】
主要な駅の周辺は便利なので家賃も高くなります。

主要な駅から徒歩20分よりも、1駅となりの駅から徒歩5分の物件が安いという場合もあります。

【間取りにこだわらない】
フローリングの部屋よりも和室の方が安い場合が多いです。

また、風呂・トイレがセパレートの物件の方が高くなります。

【築年数を見る】
新しい物件ほど値段は上がります。

古くてもリフォーム済など、掘り出し物が見つかればラッキーですね。

【引越しの時期】
新しく引っ越す方の多いシーズンを外すと、少し家賃が下がることもあります。

実家を出て一人暮らしをする場合で、時期を選ばないのであれば、企業の人事移動のない6月頃、また秋頃など、不動産屋さんで情報を仕入れてみましょう!

いかがでしょうか?
こだわるところが少なくなれば家賃も下がるイメージですね。

最後に

今回の一人暮らしの家賃の目安(平均)の金額を出しましたが、一人暮らしをするときは、どうしても譲れないところを書き出してから予算を決めて物件を選ぶのもひとつの方法ですね。

その方が、選ぶポイントが絞れます。

また手取りの給料もわかるはずなので、それを参考に家賃の目安も考えるといいですね。

但し、初めての一人暮らしであれば、上記のような内容で迷うことも出てくると思います。

そういう時は、何を優先するかをもう一度考えてみてくださいね。

本日も読んでいただき誠にありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ