浴室のカビのゴムパッキンの掃除の仕方と除去法。防止方法も紹介!

お風呂は掃除の仕方次第でカビの除去防止できる?

お風呂に入ろうとしたときに、浴室カビやゴムパッキンのカビを見つけてしまったら何となく嫌になりますよね。

お風呂も毎日使いますが水滴を毎回キレイに拭き取れないときもあると思います。
そのちょっとした水滴が残りやすい水回りの近くなどに浴室カビやゴムパッキンが発生しやすく悩んでいるということはありませんか?
そんなあなたのためにお風呂の浴室カビ対策防止、ゴムパッキンの頑固なカビの除去などの掃除の仕方をこちらでご紹介します!

カビというモノは目に見えないだけでどこにでも漂っているのが自然!
カビが漂ったままでいるか、カビが栄養をキャッチして目に見える状態となるかは様々な条件が重なるとできるので、その条件を知って掃除の仕方や浴室カビ除去防止ができるようになれます。

お掃除で大変なのが浴槽です、一度発生したカビがあったりしたら通常の洗剤でいくらコスってもカビは落ちませんね、テレビのCMでも元からたたなきゃダメ!なんて言葉もあるぐらいですからそうそう簡単には落ちないです。
ですので掃除の仕方、除去防止の方法を知っておいた方がよいですよね。

カビは風通しの悪いところを好みます、湿度は25℃~30℃だと喜び始め、湿度60℃以上になってきたらカビは準備段階です、湿度80℃以上になったらカビはどんどん繁殖開始です。

湿度が上がっただけではカビも中々発生しにくいのですが、ではなぜ浴室カビは、それもゴムパッキン周りに特にカビが発生しやすい、発生してしまったカビ除去方として『浴室のカビのゴムパッキンの掃除の仕方と除去法。防止方法も紹介!』をご紹介します。

【スポンサードリンク】

カビはなぜ発生するのか

カビが好む場所は風がほとんど通らなくて「ジメジメ」して湿った感があるところを特に好んで浴槽の中だけで見てもたくさんあります。

例えば桶やいろんな容器の底が濡れていたり、あとは身体を洗ったときに出る人の垢とか、石鹸が飛び散ったあととかカビにとっては栄養ともいえるものがあるとドンドンカビが発生しますから、水回りや浴槽は使ったあとキレイにすることが大事になります。

カビ防止は、カビが好む条件をかなえなければいいということです。

その条件とは(風通しの悪さ、湿度、垢、石鹸の泡)などとなりますが、それでもカビが発生してしまう事も。
特にゴムパッキンなどにできてしまうと頑固なのでしっかり除去をする必要がありますので次はカビが発生してしまったときの除去の方法をご紹介します。

カビが発生した時の除去方法

カビが発生してしまったら化学薬品を使うのが早いのですが、使い方には絶対注意することを要します。

それはカビ用化学薬品と他の薬品などを絶対に一緒に使わないことです。
知ってても目の前のカビのことばかり考えていると忘れてしまうことがあり、浴槽は狭いですし風通しも悪くて冗談抜きで倒れてしまうことがあります。

頑固になる前のカビになる前なら化学薬品でなくてもキレイにできるのでその方法をご紹介します。
使うのは(重層お酢)を使いキレイにしていくのですが、お酢は黒ずみをキレイにしてくれるということもありますし、重層は汚れをキレイにしてくるので組み合わせて掃除をします。

  • カビにお酢をかける
  • オスの上から重層をかける
  • 再びお酢をかけて1時間ほど時間を置きます
  • 約1時間後にスポンジで軽くこすってください
  • 乾いた布などでキレイに拭き取ります

お好みでお酢は殺菌効果もありますから最後にお酢をかけるのもいいです。

【スポンサードリンク】

最後に

カビにもいろんな対策がありますから、いつでもキレイな浴槽にするにはコマメが一番。

お酢をスプレーに入れると掃除がしやすくなりますがお好みで使いやすいように、もしも
スプレーに入れたときは、お酢でプラスチックが溶けることがあるので使い終わったら中
身を切れに洗うことをしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ