親族の結婚式での服装・男性の靴下は何に気をつけたらいいの?色は?どんな靴下がいい?

結婚式って面倒くさいですよね。
親族であったりマナーであったり、服装であったり靴下の色だったり男性・女性などなど。

親族の結婚式というのは、なんでこんなに面倒なのでしょうか。

男性であれば、服装や靴下に気をつけたいところですよね。

服装や靴下だけでなく男性であれば親族への結婚式のマナーなども大切ですよね。

男性の結婚式の親族へのマナーと靴下などの服装のマナー知りたいところです。

そこで今回は『親族の結婚式での服装・男性の靴下は何に気をつけたらいいの?色は?どんな靴下がいい?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

親族の結婚式で注意すべき服装について

親族の結婚式についてですが、男性の服装には注意が必要です。

男性の服装の中に見落としやすいものが靴下で親族の結婚式に行くときは男性は服装の他に靴下も気をつけなければいけません。

男性の靴下は親族の結婚式などの披露場所ではしっかりとしたマナーがあるので服装の色や靴下の色はキチンとしたマナーで服装を整えないと親族の方に失礼になってしまいます。

ですので、今回は親族の結婚式に注意すべき男性の服装と靴下について紹介します。

結婚式で気をつけるべき男性の服装

男性のスーツの色や柄は昔から、結婚式や披露宴では黒色、つまりブラックスーツが基本でした。

ブラックスーツはとは略礼服と呼ばれており、正式なフォーマルはモーニングや燕尾服だと言われています。

また最近の結婚式はパステルカラーなどの色合いのカラーシャツなら大丈夫だと言われています。
しかしそれでも結婚式でのフォーマルスタイル、セミフォーマルスタイルの場合は、基本は白シャツを選んだほうが良いでしょう。

シャツの柄は
白シャツの場合、基本的には無地のものを選ぶ方が良いでしょう。
オシャレに自信のある方やセンスのある方なら織り柄の入ったシャツを選ぶというのも良いと思います。

衿に関しては、基本的にはレギュラーカラーと呼ばれる長さや開きが標準的なものを選びましょう。

その他にもネクタイについてですが、ネクタイが銀か白であれば安物のスーツだったとしても大丈夫、といった雰囲気がありました。

しかし現在は白いネクタイは年配者のつけるものだ、という若者の風潮があり、最近は色のついたネクタイをつける人も増えてきているようで、これは若者だけでなく少し年配の方にも多い傾向です。

ネクタイの色は披露宴から出席する場合、光沢のある白やシルバーが1番良いです。
実は黒のネクタイは柄が入っていても縁起が悪いものなのでNGです。

スーツに合っていれば、パステルカラーのネクタイ、ピンクやライトブルーなどでも人気があります。

しかし、結婚式に参列するならば、年配者にも好印象なもののほうが好ましいので、柄の入ったものは若者には人気があるものの、年配の方にはあまり好ましく思いません。
若い方とは違った落ち着きある大人の雰囲気を出す方が素敵だと思いますので、ネクタイはなるべく無地で質感のいいネクタイを選ぶように心がけましょう。

【スポンサードリンク】

靴下について

親族などの結婚式などで履いていく靴下の色は、スーツと合わせた場合には黒だけ履くようにしてください。
おめでたい席だからと言ってカラフルな靴下や、白いネクタイだからと言って靴下まで白に合わせる必要はありません。

スーツと合わせる時には、ふくらはぎまでの長さのあるミドル丈のソックスがベターで、ストライプ柄の靴下は、モーニングコートを着用する新郎・新婦の父などに限られています。

基本的に親族などの結婚式に履く靴下は、黒の無地の靴下を選べば問題はありません。

また、靴下の長さについてですが、最近の男性用の靴下は種類が豊富になり、くるぶし丈の「スニーカーソックス」や「カバーソックス」なども販売されています。

ですが、スーツと合わせる時の靴下は「ミドル丈」の靴下が基本です。

あまり短い丈の靴下は、椅子に座った時に素肌が見えてしまうことが多くあり、品のない下品な印象を与えてしまいます。
ですので、スーツと合わせる時にはふくらはぎまでの長さのあるミドル丈のソックスが1番良いです。

まとめ

まとめとしては親族の結婚式に行くときの男性の服装はブラックスーツ、黒以外のネクタイ、黒にふくらはぎ程の長さの靴下でいけば良いです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ