怖い夢を見て眠れない方必見、原因と見ない方法をご紹介

現在夏真っ盛り、日中も確かに暑いですが、夜もなかなか気温が下がらず眠れない夜が続いているのではないでしょうか?

またこの時期怖い夢をよくみてしまう方も多いようです。

怖い夢というのは、一般的には幼児がよく見るものですが、大人になっても何度か一時的に怖い夢をみることはあります。

大人の怖い夢というのは、何度も続くようなものではなく、単発でみることが多いので、それが眠れない原因につながってしまうことはほとんどありません。

しかし身体や心に何らかの原因があると、怖い夢を連続してみてしまったり、それによって眠るのが恐くなり、眠れないことが多くなることで、最悪不眠症になって日常生活に支障をきたしてしまいます。

なので、現在あなたが怖い夢を連続してみて十分眠れないという場合は、身体あるいは心に何らかの原因があるのかもしれません。

ですから怖い夢をみる原因を突き止め、見ない方法をを探っていく必要があります。

「えっ見ない方法なんてあるの?」

と思うかもしれませんが、見ない方法はあります。

しかも特別なことをする必要はありません。

そこで今日は夜間怖い夢を連続してみてしまい、なかなか眠れない方に、その原因と怖い夢を見ない方法について『怖い夢を見て眠れない方必見、原因と見ない方法をご紹介』と題して書いていこうと思います。

怖い夢を見ない方法を実践することで、より夜間熟睡できるようになり、昼間眠くなることがほとんどなくなり、生活習慣の改善につながりますので、ぜひ読んでいただければ幸いと思います。

【スポンサードリンク】

怖い夢を見て眠れない原因5つ

ここでは怖い夢を見てしまう原因について書いていきたいと思います。

一口に原因と言っても様々で、肉体的なものから部屋の温度や湿度などの外的要因も含まれます。

ここだはその中から5つ選んで書いて行きたいとお行きます。

  • ①ストレス怖い夢を頻回に見てしまう原因として、一番多いのがストレスによるものであるといいます。そもそも夢は脳が不安やストレスを夢に持ち込んんで解消しようとして見るもので、日頃のストレスや不安が多ければ多いほど怖い夢を見る確率も上がってきてしまいます。

    ただすべてのストレスが夢に持ち込まれるわけではなく、自分でも意識していない不安やストレスが夢の中に持ち込まれるという特徴があるので、自分のストレスの出どころを知ってさえいれば大丈夫です。

    ⓶寝室の環境

    寝ている部屋の環境も夢に強く影響してしまいます。

    例えばすごい暑い部屋で寝ていた場合には、マグマで焼かれる夢を見てしまう場合がありますし、寝ている布団が重かったりすると、岩の下敷きになっている夢を見てしまうこともあります。

    またお部屋に住み着くダニやホコリが多くても悪夢を見やすい傾向にあります。

  • ③体調不良よく熱が出たときに怖い夢を見る人がいますが、体調が悪くて苦しいのも夢に強く影響します。例えば鼻が詰まったりしているときに寝ると、首を絞められて苦しいという夢を見ますし、腹痛があると、夢の中でトイレまで走っていくような夢を見ます。

    体調が悪い時は無理に夜更かしをせず、またできるだけ薬などが落ち着いて楽になってから眠るようにすると、よいかもしれません。

  • ④ホルモンバランス四番目ははホルモンバランスです。

    思春期や妊娠中、更年期の場合は身体のホルモンバランスが崩れやすくなることが多く、こうなってしまうと、イライラや各種体調不良が起こりやすくなり、悪夢を見やすくなってしまいます。

    このような時期は普段より生活習慣や、栄養面などに気を配り、乗り切っていくことが肝要であろうと思います。
  • ⑤酒、ビール寝つきをよくするためにお酒を飲んで寝る人がたまにおりますが、アルコールも夢には悪影響を及ぼします。なぜならアルコールは確かに寝るまでの時間は短くなりますが、アルコールのもう1つの作用により、人間の脳が本当に休養できるノンレム睡眠に入るのを邪魔されるために熟睡はできません。

    そのため夢を見るレム睡眠が長く続き、それによって悪夢が見やすくなったりします。

    寝る前は少量のお酒なら良いと思いますが過度な飲酒は避けた方がよいでしょう。

【スポンサードリンク】

怖い夢を見る原因から考える見ない方法3つ

  • ①生活習慣を整える生活習慣の乱れはそのまま、悪夢の誘発に起因してしまいます。まずは日頃の生活習慣を見直し、睡眠不足や過度な飲酒、喫煙などを改めていく必要があります。

    特に寝る前の食事やパソコンやスマホは、悪夢に繋がってしまうことが多いので絶対に避けましょう。

    やむを得ずパソコンをすることがあったとしても寝る1時間前までには切り上げ、寝る直前の1時間は身体を落ち着かせるのに、充てることをおススメします。

  • ⓶寝室の環境の再確認寝室の環境はによっても怖い夢の予防になります。特に自分にあった寝具で寝るということが重要であるといえます。

    今一度自分が寝ているベットや布団の重さが自分にあっているか、枕の高さが自分に合っているかを確かめてはいかがでしょうか?

    また部屋の照明や温度。湿度も夢には大きく影響するので、悪夢が続く際は部屋の模様替えをするのも一つの手であるように思います。

  • ③ストレスの原因を知る怖い夢をみる原因の最初にも書きましたが、漠然とした不安やストレスは怖い夢を作る、原因となることが多くあります。しかしながら自分がストレスを溜めてしまうのはどのような時かを知っていれば、怖い夢を見ることはほとんどありません。

    なのでノートでもなんでもいいので今不安に思うこと、イライラしていることを書き出していきましょう。

    そうすることで、自分の溜めているストレスが視覚化でき、解消方法が見えてくるかもしれません。

    解消方法が分かれば、自分で定期的にそれを実践するだけなので、比較的楽に過ごすことができると思います。

まとめ

ここまで怖い夢をみてしまう原因と見ない方法について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

怖い夢というのは潜在意識の表れですので、あまりにも怖い夢が続き何をやってもダメな場合は、もしかするとあなたに対する警告の夢かもしれません。

警告夢というのは、あなたがこのままの生活を続けると、必ず悪いことが起きますよというのを暗示するもので、人によっては頻回に見る場合があります。

こうなった場合夢の内容を吟味しながら、何を警告されているのかを分析していかなければならないので、できるなら日記を書いていくことをおススメします。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ