運動なしで痩せる方法は有酸素運動をしない事!?

ぜんぜん運動なしで痩せる方法ってなんか無いでしょうか?

有酸素運動なしでなにかないでしょうか?

まったく運動なしで痩せる方法なんかないのでしょうか?

有酸素運動やりたいくないですからね。
どうしたら有酸素運動なしで痩せることができる方法ないでしょうか?
有酸素運動しない方法あれば知りたいものです。

そこで今回は『運動なしで痩せる方法は有酸素運動をしない事!?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

有酸素運動をしなくても痩せることができる

ダイエットをして痩せるためには有酸素運動を行うジョギングやランニングなどの方法を行うということも痩せる方法の1つなのですが、ダイエットで痩せる方法は有酸素運動のみではなく、運動なしでダイエットをして痩せる方法もあります。

ランニングやジョギングなどの有酸素運動をして十分痩せることはできますが、有酸素運動は有酸素運動を継続して行わないといけないので簡単に痩せることは難しく、有酸素運動のみの方法では痩せることは難しいです。

しかし、有酸素運動以外でも痩せる方法はあり、その方法は運動なしで行うので、運動が難しい人や継続して運動をすることが苦手な人でも痩せる方法があります。

ですので、今回はその有酸素運動をせずに運動なしで痩せる方法を紹介します。

有酸素運動だけではダイエットの効率は低い

有酸素運動のダイエット効果による体脂肪は、摂取カロリーと消費カロリーの差で増減し、摂取カロリー<消費カロリーになれば、体脂肪は減ることになります。

また、有酸素運動は消費カロリーを高める効果があるため、一応有酸素運動にはダイエット効果はあります。

有酸素運動による消費カロリーの高まりは下記の公式で計算ができます。

体重(kg) × 距離(km) = 消費カロリー(kcal)

例えば5km走るとなると、時間と体力をけっこう使います。

しかし、消費カロリーは思ったより少ないので、体重が50kgの人の場合は、5km走っても清涼飲料水500mlぐらいしかカロリーを消費しないのです。

また、歩く場合はさらに効果が減り歩くスピードにより変わりますが、消費カロリーは、同じ距離を走る場合のだいたい半分です。

もし、体重50kgの方の場合で1ヶ月で体脂肪を2kg落とすには毎日約20km歩く必要があり、20kmランニングしたりジョギングしたりするとなると約4時間ぐらいかかり、とてもダイエットの効率は良くありません。

しかも、有酸素運動には食欲を増進する効果があり、食後のカロリー摂取で多くのカロリーが増えてしまう可能性があり、逆に太ってしまう人もいますので有酸素運動のみではダイエット効果は低いです。

【スポンサードリンク】

運動をせずにダイエットをする方法

ダイエットはランニングやジョギングなどの有酸素運動のみではなく、運動をしなくてもダイエットはできます。

例えば食事を変えることで体脂肪を落とす方法があります。

食事の際に普段利用しているお店で注文するものを少し変えたり、スーパーで購入しようとしているものを少し変える、などたったこれだけで、ダイエットは成功できるのです。

ですので、わざわざジョギングやランニングなどの有酸素運動をするより、はるかに簡単で、少し注文や食材を変えるだけで、簡単に1日で700kcalぐらい落とすことができます。

食べるものを変えれば、わざわざ食べる量を減らす必要もありませんし、例えば摂取カロリーを700kcal減らせば、1ヶ月3kgぐらい体脂肪を減らすことができます。

アフターバーン効果もダイエットに効果的

アフターバーン効果とは、運動をしたあとでも体内で燃える続けるカロリーのことで、アフターバーン効果でどれくらいのカロリーが燃えるかは、その運動の強度や人によっても違うため一言で「これだけやればこれくらいのカロリーが燃える」とは言えません。

しかし、運動の強度が高ければ高いほどそのあとのアフターバーン効果は大きくなります。

アフターバーン効果で消費されるカロリーは無酸素運動で消費される総カロリーの約95%までを占める可能性があるとの報告があり、一般的に知られている無酸素運動中の消費カロリーの約19倍ものカロリーがアフターバーン効果で消費されている可能性があるということです。

ですが、アフターバーン効果の研究はまだはじまったばかりでまだ研究機関や手法によって数字にバラツキがありますが、トレーニング終了後から24時間から72時間の間はアフターバーン効果が持続するといわれています。

また、どの研究からもアフターバーン効果が一番高いのはトレーニング直後の1時間だということがわかっています。

まだ研究が必要な分野なだけに、アフターバーン効果を最大限に引き出す運動はまだでてきていませんが、基本的には高強度の無酸素運動を何セットか繰り返すインターバルトレーニングが一般的です。

例えば自転車を10秒間全力で漕いだ後に30秒間流して漕ぎ、また10秒間全力、というサイクルを続けるようなトレーニングです。

つまり、わざわざランニングやジョギングをしなくても通勤や通学するときに自転車を使用して移動すれば十分ダイエットの効果があります。

まとめ

まとめとしては有酸素運動のみではダイエットの効果は低いのですが、運動をしなくても普段購入している食品を変えたり、通勤や通学には自転車を使って移動すればジョギングやランニングなどの時間をスケジュールに組まずに済むことができますので、ゆとりをもって運動なしでのダイエットを行ってみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ