普通郵便(手紙やハガキ)の到着日数はポストに入れてからどれくらいで届く?

最近は普通郵便(手紙やハガキ)を利用して手紙やハガキをポストにいれて郵送する人は少ないと思います。

ですが、企業の方たちは普通郵便(手紙やハガキ)を利用して手紙やハガキをポストに入れて郵送する企業はまだ多くいます。

ですが、その手紙やハガキをポストに入れてからどのくらいの日数で普通郵便(手紙やハガキ)で郵送してどのくらいの日数で届くかご存知ですか?

また、普通郵便(手紙やハガキ)についてよく理解していますか?
普通郵便では速達郵便よりも届く日数は長くなります。
曜日によっては普通郵便(手紙やハガキ)でポストに入れてから届くまでの日数は異なります。

ですので、今回は普通郵便(手紙やハガキ)についてや曜日によってポストに入れてから届くまでの日数について『★普通郵便(手紙やハガキ)の到着日数はポストに入れてからどれくらいで届く?』と題しまして解説いたします。

【スポンサードリンク】

普通郵便(手紙やハガキ)ってなに?

普通郵便(手紙やハガキ)というのは書留や速達などの特別な扱いをしない普通の郵便で、
ゆうパックなどの大きなものを配達するものではなく、手紙やハガキなどポストに入れたものを普通郵便と言い、郵便局の窓口に行って郵送の手続きをしないでそのままポストに入れれば普通郵便として配達してくれる特徴があります。

主に普通郵便は手紙やハガキ、書類などが中心に配達され、基本的にはポストに入れておけば普通郵便として扱われます。

また手紙やハガキ以外にも、大きなもの、例えば箱やお土産品などでも普通郵便として郵送することができ、方法としては郵便局に行って窓口に行って普通郵便を申し込めば箱やお土産品でも普通郵便として郵送することができます。

郵送の中にメール便というものがあり、普通郵便とよく似ていますが、これはオークションとかで落札品を郵送するときにメール便を使う人が多くいますが、メール便は普通郵便よりも3~4日時間がかかり、普通郵便よりも時間がかかるのでオークションなどの落札品などはメール便よりも普通郵便をオススメします。

大抵は80円切手で普通郵便として郵送できますが、手紙やハガキ、書類が分厚くて重いと80円では郵送することができない可能性があるので注意が必要です。

普通郵便はゆうパックのように追跡サービスがありませんので郵便物がどこまで進んでいるのか把握することはできません。
その他にもポストに入れた普通郵便は差し出した証拠がありませんし、補償はないので盗難される可能性があります。

重要な書類は基本的に普通郵便は使いません。
また、普通郵便は基本的に日曜日、祝日は郵送されないので気をつけてください。

【スポンサードリンク】

普通郵便(手紙やハガキ)の到着日数はポスト入れてどれくらい?

普通郵便は上記で書かれた通り、普通郵便は日曜日や祝日は郵送されません。

ポストをよく見てみると回収時間があり、午前と午後に分かれてある詳しい回収時間が記されてあります。

午前に郵便物を回収したらその日にお届け先の地域を分別して翌日に配達し、午後に郵便物を回収すると翌日にお届け先の地域を分別して配達していきます。

基本的には市内や県内でしたら、ポストに入れてから1週間以内に届きます。

また、最近はJP郵便局(日本郵便)を使って郵便物の配達にかかる日数の目安を郵便番号を使って調べることができます。

簡単な普通郵便の配達までの活動をまとめると
日曜日の午前にポストに入れた場合は月曜日に配達され、月曜日の午前にポストに入れた場合は翌日の火曜日配達が通常で、1日で配達することはありません。

まとめ

普通郵便というのは年賀状や手紙やあまり重要ではない書類などに使われたり、窓口に申し込めば箱のような大きな物でも簡単に配達するのですが、補償がないですし、
速達と違って届くまで時間がかかりますので気をつけてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ