残暑見舞いの時期は?いつからいつまでに送ればいいの?

残暑見舞いを送る時期はいつからいつまでなのでしょうか?

そもそも残暑見舞いを送ったことも受け取ったこともない!という人も少なくないのではないでしょうか。

実は残暑見舞いを送る時期は明確に決められていて、いつからいつまで、というのはきちんと決まっています。

時期を外して送ってしまうと、「いつからこんな時期に送るようになったんだろう?」とか「この人はいつまでもちゃんとしていないな。ただの残暑見舞いなのに。。」などと思われてしまうかもしれません。

たかが残暑見舞い、されど残暑見舞い。いつまでもなぁなぁにしていてはいけません!

いつまでに送るものなのか、まもなく残暑見舞いを送る時期、マナーと通例をしっかり覚えて、恥ずかしくない夏の挨拶状を送りましょう。

今回は『残暑見舞いの時期は?いつからいつまでに送ればいいの?』について書きたいいきたいと思います。

【スポンサードリンク】

そもそも残暑見舞いってなに?

送る習慣がない人からすれば、「そもそも残暑見舞いってなんなの?」という疑問が湧いてきます。(私もそのうちの一人ですが)

残暑見舞いと、夏の暑さが厳しい時期に、日ごろなかなか会えない人に安否伺いや近況を報告する季節の挨拶状です。

知人や友人・お世話になっている人やお客様などに送るのが一般的です。

また、残暑見舞いと合わせて結婚・出産・転居などの報告をするのも丁度よいですね。学生であれば夏休みの間の近況報告をするのもいいでしょうし、企業であればイベントやセールのDMとして送るタイミングでもあります。

残暑見舞いを送る事はクリスマスカードや年賀状に比べれば、あまり機会のないものなので、受け取った人は喜ばれると思います。
今年はあなたも残暑見舞いを知人に送ってみては?

残暑見舞いを送る時期は?

残暑見舞いを送る時期は「立秋から8月末まで」とされています。

立秋がおおよそ8月~7日頃(年によって異なる)ですから、おおむね8月の第2週ごろから8月いっぱいということになります。

ちなみに、それ以前に送るものを「暑中見舞い」と言って、こちらは梅雨明けから立秋までの間に送るものです。
内容や用途は残暑見舞いと変わりませんから、お手紙を送る時期に合わせて表記を変えていきましょう。

どんなふうに残暑見舞いを書いたらいいの?

残暑見舞いにはある程度決まった文面があります。
まず

  • ①「残暑お見舞い申し上げます」
    から始まり
  • ②「残暑お厳しい折、」
    「立秋とは名ばかりの暑さですが、」
    と言ったような、(暦の上では) 秋なのにまだ暑い、といった
    時勢の挨拶の文章をかきます。
  • ③続いて近況報告やお礼、お知らせなどを書きます。
  • ④そして相手への気遣いの言葉
  • ⑤「〇年 晩秋」といった終わりの言葉で締めます。
  • ③近況報告などで結婚や出産などの報告を書いたり、
    日ごろの感謝の気持ちを書くのが一般的です。

参考にしてみてはいかがでしょう。

【スポンサードリンク】

その他気を付ける事は?

  • ☆喪中の人には出さない方がいい?
    残暑見舞い(暑中見舞い)は季節の挨拶ですから、喪中の方にもお出しする事が出来ます。ですが、手紙の文面や絵柄や時期には配慮すべきでしょう。
  • ☆残暑見舞いをもらったら返さなければいけないの?
    「残暑見舞いがきちんと届きましたよ」という意味も込めて、お返しを送るのがマナーです。また、暑中見舞いをもらった場合、返送が暑中見舞いの時期であれば暑中見舞いで。残暑見舞いの時期に入ったら残暑見舞いでお返ししましょう。
  • ☆残暑見舞いと暑中見舞い、両方出すべき?
    どちらか片方で大丈夫です。どちらを書くかは前述の通り。

いかがでしたか?普段なじみの浅い「残暑見舞い」ですが、デキル大人は挨拶や礼状はキッチリ出すもの。

パソコンやスマホのメールとは違い、手書きの文章には温かみがあって、相手の心に残る挨拶状になるはずです。

今年から送る習慣を付けてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ