「ぜんごんてっかい」と「ぜんげんてっかい」はどちらが正しい?なぜ前言撤回の読み方を間違えるのか?

前言撤回を「ぜんごんてっかい」と読みそうになる。

「ぜんごんてっかい」と言ってしまいそうになるよね?と周りに訊いても「そんな事はない」と言われる始末。

「ぜんごんてっかい」なのか?「ぜんげんてっかい」なのか?かなり迷ってしまいます。

ネットで私のように「ぜんげんてっかい」を「ぜんごんてっかい」と読む人はいないのか?と調べてみたところ、同じような悩みや疑問を挙げている方がいました。

それを見て少し安心しました。「ぜんげんてっかい」か「ぜんごんてっかい」で迷ってる仲間がいた!

私だけではなかった!

今回はなぜ前言撤回を「ぜんげんてっかい」ではなく「ぜんごんてっかい」と読んでしまうのかそれに『「ぜんごんてっかい」と「ぜんげんてっかい」はどちらが正しい?なぜ前言撤回の読み方を間違えるのか?』についても考察を書いていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

そもそも「ぜんげんてっかい」?「ぜんごんてっかい」?どちらが正しい?

答えは「前言撤回」「ぜんげんてっかい」が正しい読み方です。

ただゆっくり考えればわかりますが、とっさに言われるとわかりませんよね。

なので、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい、ぜんげんてっかい・・・

と繰り返し唱えるしかないのではないでしょうか?

【スポンサードリンク】

なぜ前言撤回(ぜんげんてっかい)の読み方を「ぜんごんてっかい」と間違えるのか?

これはあくまで個人の考察なのですが、「ぜんげんてっかい」を「ぜんごんてっかい」と読んでしまう原因は、

「言」という感じの読み方が、「げん」と読んだり「ごん」と読めたりするからだと思います。

言語同断とかいて「ごんごどうだん」と読みますが、これが前言撤回を「ぜんごんてっかい」と読み間違えてしまう要素になっていると私は思っています。

私などはまさに、この「ごんごどうだん」という響きが耳に残っている影響で、「ぜんげんてっかい」なのか「ぜんごんてっかい」なのか迷ってしまうのです。

「言」という漢字はどちらも「ごん」と読めたり、「げん」と読めたりするので、前言撤回を「ぜんごんてっかい」という間違った読み方をしても、100%間違いと飲み込めないのでしょうか?

だから何度も間違ってしまうのではないかと思います。

まとめ

さて、今回の前言撤回を「ぜんごんてっかい」と読み間違えてしまうはいかがだったでしょうか?

こんな読み間違えする漢字は結構ありますよね。あなたはどんな言葉を言い間違えしたりしますか?

今回も読んでいただきありがとうございます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ